So-net無料ブログ作成

アルジェリア・・・心痛と不思議。 [国際情勢]

アルジェリアの件。
犠牲者が次々と発表されている。
確か事件当初電話で連絡をしていたキヤマさんという方がおられたが、
犠牲者となってしまった。

彼はその時点までは潜んでいたはずだから、
ひょっとするとアルジェリア軍の攻撃がなければ生き延びていたのかもしれない。
あの電話が、気丈なあの声が最後の家族が聞きうる肉声だったなんて。
そう思うと残念でならない。

犠牲者の面々に関係各社の重役クラスが含まれていたという。
日揮最高顧問、意思決定を担えるBP幹部。
重要人物がいることを狙って襲った可能性があり、しかも亡くなっている。
国を代表する企業の役員がテロの的に掛けられたのだから将来的にも
恐るべき計画だったと言えるだろう。

VIPたちがどの時点で亡くなったかは全く不明だが、アルジェリア軍の攻撃に巻き込まれたとなると
大問題のはずだ。
ただ、各国とも以外にも平静だ。不思議だ。
隠密作戦だから手順は全くわからないが、民間人しかも国家事業ともいえるガス開発に携わる
VIPが載っている可能性のある自動車を射撃し大破させている。
それが平気なのはお国の事情かもしれないが、犠牲となった各国が平穏すぎる。
過去の事件の流れからいえば英国軍を中心としたテロ組織への掃討作戦や
デッドオアアライブの主犯確保に動きそうなものだけど。

対テロと言う看板上のことなのか、フランス軍の行動支援のためか、
あるいはエネルギー権益にかかることなのか。
不思議だ。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 1

z

アルジェリア人質拘束事件について、犠牲者の実名を非公表とした日本政府に対し、朝日新聞が22日朝刊で実名報道を開始。メディア各社が追随したことに対し、論議を呼んでいる。

21日深夜、日本政府は同事件で日本人犠牲者がいたことを確認し、公表した。その会見の際に菅官房長官は、会社(日揮)、ご遺族と相談の上、実名は公表しないことに決めたと、犠牲者の実名を明かさないことを表明した。

しかし翌22日、朝日新聞は朝刊に犠牲者の実名と写真を公表。これを受けてテレビ、新聞各社も追随、実名が広く報道されることになった。

犠牲者の甥という本白水智也氏は23日になり、Twitterで「朝日新聞の記者は2つ約束をしておりました。『実名は公表しない』『本白水さんの許可がなければ絶対に記事にしない』。この2つの約束を破りました」と朝日新聞記者とのやりとりの一部を公表。1000件を超えるリツイートがなされている。
http://www.rbbtoday.com/article/2013/01/23/101659.html

by z (2013-01-24 10:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。