So-net無料ブログ作成

TPPと農業 [政治]

今日も国会で聞こえる日本の農業。
日本の農業って個人の土地での小規模農業だから、他人が入っていけないんだよね。

言っていいとか悪いは別にして、昔はどの国でも身を落としながらも
働ける職場があって、国によってはそれが大規模農場だったりした。
つまり雇用があった。

ところが我が国の場合は農民は自作農中心になって以降特にそういう文化が急速に衰えた。
小規模自作農はもとより個人事業主なので人を雇えない。
後継者のいない農村で起こってることはシャッター商店街と同じことが起こってる。

後継者がいないと言うより、そこに雇用がないから他所者は入って行きようがない。
農地は転売もできないし、家族以外が済む家すら建てられない。
厳密には「できる」が、面倒な障壁があっては「できる」に入らないだろう。

手持ちの農地がないと雇用も起業も生活圏もない。農業を守れるなんて夢ですわ。
農家を守ってきた規制は一見農家を守るが農業は滅ぼす。
代々守ってきた土地、ってよく言うんだけど本当は農地解放で手にした土地がほとんど。
じいさんがもらった土地がほとんど。
美談っていうのは恐ろしい。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

plant

はじめまして。
こういう“非美談”が政治や報道の場でもっと語られるようになって欲しいものです。
by plant (2013-03-18 18:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。