So-net無料ブログ作成

イスラム国! [国際情勢]

全く闇の中だ。
戦争というのは非常にわかりやすい。
AvsBだと殴り合いだし、相手もわかっている。ギブアップしたら終わりだ。
ところが、イスラム国というのは立国運動だと捉えると、指導者が死んだところで
「いや、遺志を継ぎ貫徹する」と誰かが言うと終わらない。

イスラム独自のものか?いや、さにあらず。
十字軍のようだ、といったら言い過ぎだろうか。
イスラム国のフォーマットは古代の戦争?と思った私は浅はかだろうか。

十字軍は教皇がキリスト教徒に対し、イスラム教徒に対する軍事行動を呼びかけ、参加者には免償が与えられると宣言し、騎士たちがエルサレム遠征の軍を起こした。諸侯、民衆が各地から参加した。
イスラム教徒の諸領主は残虐非道ぶりに敗走、十字軍を通したと言われている。

あるいは元のようだ。
中央政府を敵として、宣戦布告し打ち倒すという近代戦争と違っている。
少数部族や都市を順繰りに支配していく。略奪した油や資金源を運用し、支配地域から上納させる。
支配下に入ればまたツアーを続ける。
まるで歴史の教科書に載っている軍隊のやり方だ。

長らく国境に線引きされた近代国家が忘れていた戦争だ。
これは国境線ベースの近代国家にとってはやりにくい。
国境という暗黙のルールがない。
戦うのが国対国という下地がない。イラクとシリアを勝手に行き来する。
シリアにいながらシリア政府を直接倒すでもなく、まるで気にしていない。
国境線が砂漠にひかれる前のやり方だ。国連が国境線ベースの国際ルール
を敷いたのはわずかここ70年のことだ。
人類は何千年もイスラム国のやり方で戦ってきたのだと考えると、砂漠の国境線のほうが
不自然と言えば不自然だ。

国連の枠組み外の国家独立の自由は、空爆をもってしても与えない。
そんな国連枠組み内の自由主義、民主主義が本当に正しいのか?
イスラム国を支持するわけではないが、イスラム国は悩ましい問題を提起したのもしれない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。