So-net無料ブログ作成

エボラとヨハネの黙示録と数字 [国際情勢]

2014/8/20、このようなブログを書いた。

6:5また、第三の封印を解いた時、第三の生き物が「きたれ」と言うのを、わたしは聞いた。そこで見ていると、見よ、黒い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、はかりを手に持っていた。 6:6すると、わたしは四つの生き物の間から出て来ると思われる声が、こう言うのを聞いた、「小麦一ますは一デナリ。大麦三ますも一デナリ。オリブ油とぶどう酒とを、そこなうな」。

黒はアフリカの象徴。秤は平等のシンボルであり、このような場において食糧の話に触れている。黒人差別と食糧についての主張している。エボラで問題発生中。 ついでにいうと、オリブオイルと葡萄酒はヨーロッパ南部の象徴。欧州水際への拡大を意味するのか?

ほんとにスペインへ北進した。
期せずして南欧、という部分は当たってしまった。
しかし、西アフリカと最も近い欧州であるスペインに上陸するのは普通なのだ。
ただ、国際線が進化している今、スペインから入ったというのは象徴的ではある。

私は、予言も陰謀も無視して、とにかくこのウィルスを恐れている。
CDCの終息方向宣言は完全に外れ、WHOも何もできないでいる。
WHOは毎週10000人の患者が出ると行っているが、隔離治療は70%だと言っている。
10000x70%=7000
7000x致死率80%=5600
最初に30%としてはじかれた人々3000人と、5600人を10000から引くと
1400人。致死率は80%だが、助けられるのは14%である。
実数による死亡率は86%である。
かかったら9割がたアウト、ということだ。
3000人は死ぬまで隔離できないから自由だ。
一時的かもしれないが、いったいどこまで行くのかわからない。

アメリカCDCは拡大を抑え込めると言っていたが、その後2人の感染者が出て、
右往左往している。大本営の医療機関が感染場所で、さらにダンカンは死んだ。
救命も感染を防ぐこともできなかった、というのが今のアメリカの実力である。
アメリカは911以降、相当バイオテロについても研究してきたはずである。
さて、アメリカ以上の防疫システムを持っている国がどこにあるだろう?
今アメリカやスペインで起きていることは世界中の現段階の実力を示しているのである。

破滅願望はない。ただ、恐れている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。