So-net無料ブログ作成

朝日新聞 その後何もしてないよな。 [メディア]

あの後、朝日新聞はなああああああああああああああんにもしていない。

メディアとしての大罪、”情報操作”、そして国家に損害を及ぼしているというのに、だ。

私は完全に中立の立場で申し上げたい。

これまで朝日は、慰安婦問題は国家犯罪、国家挙げて謝罪すべし、断罪すべし、人類に対する罪、
という態度だった。
朝日新聞は、例の記事がデッチあげだったというのに、韓国や中国に
あれは嘘だった、ごめんなさい、と謝っただろうか?
日本には責任があるから謝れ、といい続けていたのに、情報操作をして中韓政府を惑わせた責任を
経営者が謝りに行った、とは全く聞こえてこない。裏で謝ったかもしれないが、
日本国には、「公式に謝れ」と言っておいて、自分たちはコッソリ、というのも全く通じない。
もし、「ユダヤ人殺害が新聞社のデッチあげだった」とわかったら、ドイツ民族はどう考えるだろう?
(もちろん、ユダヤ人虐殺があったという立場に立脚しての例えだ。)
これまでのアファーマティヴな行動、民族としての蔑み、怒って当たり前のはずだ。

朝日新聞は、常に国家の無駄について厳しい。(それは私も同じことだ。)
しかし、消費税が財布を直撃する、と表現はしても、慰安婦問題で莫大な支出を
余儀なくさせたことにはまったく触れていない。
外交官を始め、交渉や折衝の費用、日米中韓首脳会談において「その件」の準備のために注がれた費用、労苦。アメリカのご機嫌伺い、調査費用。
朝日はどこ吹く風である。一体いくらの血税をデッチあげ記事のために支出したのであろうか。
東京裁判を習って後付けの法律で罰して、
情報操作メディア損害賠償特別法でも作って、法人税優遇から完全に切り離して、
税率を200%くらい課してはいかがだろう?
「でっち上げが増税の1要因」とさえ言えるのであるから、文句は言えまい。
直接的要因にはならずとも、国家に対する賠償責任はあるはずだ。
マスコミじゃなかったらどうだろう?
お取りつぶし間違いなしだ。
北朝鮮なら公開処刑、韓国なら市中引き回し、中国なら行方不明。日本国でよかったね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

三重高校惜しい! [スポーツ]

いやあ、惜しかったね三重高校。
こういっちゃなんだが、格上の天下の桐蔭相手に7回まで勝ってたんだから。
久しぶりに高校野球1試合見て、久しぶりに応援して、久しぶりに泣けたなあ。
三重高校のエースの子、いくら変化球があるといっても130kmそこそこのピッチャーなのに
ほんとによく凌いでた。
何回も言うけどあの破壊力の天下の桐蔭だからね、相手は。

打線もしぶとかったし、この夏最後の二回までずっと全勝で来ただけのことはあった。
最終回も墨谷高校対専修館高校をほうふつとさせる粘りだった。
最後に深くかぶった帽子でキャッチボールをするエースのシーンが印象的だった。

いやあ、惜しかった。ほんとに。
絶賛。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

もう国連じゃないよな。 [国際情勢]

ロシアもアメリカも中国もヨーロッパもバラバラ。
拒否権国家があっち向いてこっち向いてしてしまった。
簡単に言うと勝ち組連合国会議=国連が崩壊したということだ。
最近はすっかり協力もなし、PKOもなし。
だって、みんなが戦争当事国だからね。
ウクライナもイラクもベトナムも放ったらかし。
誰かがなんか言ったら拒否権なんだからばかばかしいよ。
左翼の議員が、国連が国連がというんだけど、
国連の中心が戦争しかけてるのに国連が平和の象徴だー
とかっておかしいんじゃないの?

まだ冷戦時代は共産対資本で対峙してるチームが話すとこが国連しかなかったけど、
もうチームじゃないからバラバラ。
どうでもいいんだろうね。

バベルの塔が話が通じなくなって崩壊した、ていうのはこういうことなのかもしれないね。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ヨハネの黙示録 [国際情勢]

私は黙示録とかハルマゲドンとかにめっぽう弱い。歌や、本や、いっぱい出てた世代だから。
だから昔からヨハネの黙示録には興味があった。ハルマゲドンに登場する4つの生き物とはなにか、と昔から
と「想像遊び」をして考えていた。以下に示す黒い馬以外は、ここんとこ世界情勢を握る3大国だから、そうかな、なんて思っていた。ただ、「黒い馬」は普通に黒人を意味するからアフリカ、とするには、3大国に匹敵する登場の仕方をしているにもかかわらず、あまりにも貧弱なので、「想像遊び」はここでいつも破綻してしまっていたのだ。
しかし、ついに、というかよろしくない形で黒い馬がついに現れてしまった。

6:1小羊がその七つの封印の一つを解いた時、わたしが見ていると、四つの生き物の一つが、雷のような声で「きたれ」と呼ぶのを聞いた。 6:2そして見ていると、見よ、白い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、弓を手に持っており、また冠を与えられて、勝利の上にもなお勝利を得ようとして出かけた。

アメリカの大統領旗には白頭鷲、手に弓を持ち、頭には冠のような星などがあしらわれている。イラクに空爆中。

6:3小羊が第二の封印を解いた時、第二の生き物が「きたれ」と言うのを、わたしは聞いた。 6:4すると今度は、赤い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、人々が互に殺し合うようになるために、地上から平和を奪い取ることを許され、また、大きなつるぎを与えられた。

赤は中国の象徴。彼らは海洋進出を試みているが、悠久の昔から大陸(地上)を津々浦々まで支配しようとしてきた。周辺諸島侵略中、諸民族弾圧中。

6:5また、第三の封印を解いた時、第三の生き物が「きたれ」と言うのを、わたしは聞いた。そこで見ていると、見よ、黒い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、はかりを手に持っていた。 6:6すると、わたしは四つの生き物の間から出て来ると思われる声が、こう言うのを聞いた、「小麦一ますは一デナリ。大麦三ますも一デナリ。オリブ油とぶどう酒とを、そこなうな」。

黒はアフリカの象徴。秤は平等のシンボルであり、このような場において食糧の話に触れている。黒人差別と食糧についての主張している。エボラで問題発生中。 ついでにいうと、オリブオイルと葡萄酒はヨーロッパ南部の象徴。欧州水際への拡大を意味するのか?

6:7小羊が第四の封印を解いた時、第四の生き物が「きたれ」と言う声を、わたしは聞いた。 6:8そこで見ていると、見よ、青白い馬が出てきた。そして、それに乗っている者の名は「死」と言い、それに黄泉が従っていた。彼らには、地の四分の一を支配する権威、および、つるぎと、ききんと、死と、地の獣らとによって人を殺す権威とが、与えられた。
モスクワ大公国紋章は青いケープをまとい銀色の鎧を着て白馬に乗った聖ゲオルギウスが赤い野を駆けて竜を退治している図柄 である。
ウクライナと戦争中。

ついでに言うとユダヤは激しくガザを攻撃している。

ちょっとオカルトチックな話になったけど、本当に大丈夫か?
ハルマゲドンタイム・・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

東電、凍結止水失敗。 [原発]

東電のみなさん、ご存知ですか?
どんなに氷を詰め詰めにしたコップでも、常温の水を入れたら凍らないことを。

さて、凍土方式、なんていう夢物語に大量の資金が投じられています。
シベリアの永久凍土、溶けています。
さて、30度を超える夏にそんなものが作れるのでしょうか?
一体どれほどの電力を使うでしょうか。
常温の土、水を屋外で凍らせることなど、
普通の家の全電源を投じても庭の片隅にすら氷はできない!

ばかですか?

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

エボラアラブ圏へ? [海外]

エボラの疑いがある人物がUAEの空港で死んだらしい。
密封された飛行機内に長時間同席した人たち、心情は計り知れない。
そこまで来ているということは、空港の外にいても何ら不思議ではない。
ナイジェリアから搭乗ということだが、ナイジェリアは1億7000万の大国だ。
周辺国も簡単には陸海空路を封鎖もできまい。
現にUAEにまで来ている。
ドバイ、競馬、石油。
世界が交錯するこの地域で感染路を止められるのか?

タグ:UAE エボラ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

エボラ出血熱療養施設で患者奪取 [政治]

何のため?
家族が奪ったとしても感染が広がるだけだし、
組織的な人身売買で兵器として奪われたとしたら・・・と考えるだけで恐ろしい。
人が死んでからもまだウィルスは死なないというから、
患者を殺してどこか大都市近郊へへ運んで放置してまえば
ネズミやカラスやらが媒介者となって、一気に、ということさえ考えられる。
感染を恐れて一般人が積極的に連れ去られた人を探すとも思えない。
人間最大の危機かもしれない。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

終戦・・・今は戦時中 [海外]

イラクではアメリカが爆撃し、ウクライナではロシアが軍事介入し、
イスラエルはパレスチナに攻撃をしている。
いずれも内戦でもなく、国家対国家ではない戦争なのに、誰も止められない。
混乱が作り出され、ひたすら誰かが戦っている。
どこかの国が脅かしてやめさせようにも、国、とか誰、とかが当事者じゃないから
経済封鎖や政府陥落をやろうとしても、全く意味がない。

中国では漢民族が領土拡大を行い、チベット・ウィグルを弾圧している。
朝鮮では今も戦争を続き、危険な共産主義と独裁者がいる。
北アフリカは、もはや外部の人間にはどうなっているのかすらはっきりしないし、
アフリカの民族紛争は終わりがない。
インドとその周辺では核を掲げた軋轢が続き、人名は軽い扱いだ。

昔からある戦争は終わらず、新しい戦争は止められない。
戦争はそれぞれの限界点まで続く。
株を買うなら兵器産業は当面買いかもしれない。
死の商人の上前をはねるのか、死の商人の資金源になるのか、個人的には投資理由
が悩ましいが、経済という化け物はそんなことかまっちゃいねえ。





タグ:世界 終戦 戦争
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

慰安婦報道、朝日新聞陥落 [メディア]

このような訂正記事を、いや、虚偽報道のお詫び記事を載せなければいけないほどの
でっち上げ、作り話新聞だったことにいまさらながら驚愕を隠せない。
これまでもいろいろあったし、左翼的ではあったけれども、ここまで引っ張りに引っ張って、
嘘でしたとは恐れ入る。
嘘っぱちだろーなと思ってても読者は反証ができないから。

あのね、「誇大報道」「偏向報道」だったとしてもさ、
取材して、ほんとにそういった人が一人でもいればさ、
取材の結果なわけ。誤認報道、報道という言葉がつくわけ。

ところが、全部嘘っぱちでした、とか、最初からストーリーがあって証言を拾っていくというのは
作り話であって、報道じゃないわけ。
某国のトップは天気まで変えられる!とかというのと同じわけよ。
夕立が上がりそうな時に空に向かってハアアアアアとか叫ぶようなもんでさ。

そんなのいくらでも書けるわけ。俺でもこんなだったらすげえだろうな、程度で書ける。
記者だから全世界に回るだけで、中身は夢物語だからさ。
こういうことが平気で出来る新聞が恐ろしいのは、何でも書けるわけだから。
総統はいかに素晴らしい人だったとか、原爆雲は美しい、民主主義をもたらした、とか、
中国共産党は真の民主主義で、平和のためにアジアを駆逐してるとか、
原子力は完全に安全です、とか、鋼鉄の処女でしぼりとった血液はほんとに若返る、とか。
でたらめでもなんでも、全国、全世界に権威をもってばらまけるわけなんだよ。

廃刊でもおかしくない。かつて、写真週刊誌が追い込まれたように。
どころか、国家反逆罪でぶち込んでもいい。嘘のプロバガンダを会社あげて行ったわけだから、
これまで国家がつぎ込んだ予算をすべて請求してもおかしくない。

損害賠償を国民が求めて何が悪い?
報道の自由を逆手に一儲けしたやつらに鉄槌が下ってもなんらおかしくない。
報道が摘発を食らわないことを前提にやった、特権的意識に基づいた大悪事。
おそらく日本報道事件史で最大最悪の事件だ。
右翼とか、左翼とか、関係ない問題。
タグ:朝日新聞
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

まんだらけ 写真掲示

万引きは仕入れ値と利益をすべて持っていく行為である。
100円の売値には、例えば30円の仕入れ値、30円の人件費、20円の家賃など固定費、そして
利益までが入っている。これを盗むということは店の経営そのものを盗むということだと考えると、
いかに重大な窃盗を行っているか、という話なのだ。

大阪の魚屋で写真を掲示したり、私的に逮捕したり、罰金ルールを作ったり、というのが「手荒い」
と問題視されているが、そうだろうか。出入り禁止の写真を掲示することが人権侵害だというが、
そうだろうか。

自宅内のことだとしたらどうだろう?
見知らぬ人が、サラリーマンの財布から、あるいは物品をこっそり持ち帰ったら、
その人が何者かわからなかったら、どんな気持ちになるだろう?
写真は撮ってあるが誰かわからない。その人はまた入ってきて、自分の財布から金を盗む可能性がある。
だって、実際に前歴があったんだから!
その人が家にやってきて、「人権侵害の恐れがあるから」と玄関を通して、家に招き入れるだろうか?

ロボットのおもちゃだから、世間は万引きだと思っているが、25万円の宝石だったら、
あるいは25万円の入った給料袋だったら、万引きだから、人権があるから、と言うだろうか?
25万円を盗むことは「手荒く」なく、写真を貼るのが手荒いというのはおかしい。

万引き、いじめ、という言葉には「いたずらの一種」という考えが入っている。
窃盗であり、暴行恐喝である。
マスコミは、「脱法ドラッグ」はやめたのに、万引きやいじめという言葉は一向に改めない。
市民感覚の許容範囲だとマスコミは認めているのであるが、被害者にはたまったものではない。
そのほかにも、労働基準法違反、隷属的労働を「サービス残業」などと呼ぶのもその一種だ。
刑法は復讐法であることを忘れてはならない。
自分の生活が脅かされて、法律が復讐に見合う罰を科さないのなら、もう機能しないのだ。
隷属的労働をさせたなら奴隷労働を課すべきだし、私はレイプ犯には切り落としの刑が適当だし、
もちろん死刑廃止も反対だ。
裁判が間違っていたら?という意見があるが、それは裁判官の問題だ。
そもそも、法曹界の内部でで弁護士が犯罪を犯罪でないということが問題で、
弁護士と裁判官は対等でもいいが制度的に分けるべきだと考えている。
法が絶対出なくて、はみ出したほうには弁護士が付くなんておかしい。

刑事訴訟法には

現行犯人は、何人でも、逮捕状なくしてこれを逮捕することが出来る。

とある。

窃盗犯を取り押さえるのは市民の権利のはずだ。逮捕するときに必要な措置を
警察は行使する。彼らには暴力的拘束も許容されている。
彼らは銃やこん棒をそのために持っている。
市民が逮捕する時に必要な措置と、警察が行う必要な措置に程度の違いがあるとは思えないのだが・・・。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。