So-net無料ブログ作成

遠隔操作事件ひっくり返って片付く [裁判]

本人のドジで遠隔操作事件転覆。
弁護士は雄弁に会見。

結局弁護士は騙されたとは言っているんだけど、
会見では雄弁に犯人を貶めるとさえ取れそうな勢い。
でも、ほんとにシロだと思ってたのかなあ。
シロにできるとは思ってたみたいだけど。

もうひとつは誤認逮捕で自白させた件。
警察なのか検察なのか知らないけど、
法曹とその実力組織のダメなとこを全部見た感じ。

しっかりせえや、と言いたい。

70年前の話 [裁判]

戦時中に強制連行され、過酷な労働を強いられたとして、中国人元労働者と遺族ら約20人が24日、日本政府と、三菱マテリアル、日本コークスの2社に1人当たり180万元(3000万円)の損害賠償などを求めた。

文化大革命中、各地で大虐殺が行われ、犠牲者の数は1000万人以上ともいわれる。
マルクス主義に基づき、教会、寺院、宗教的文化財が破壊された。
チベットでは特に、仏像が溶かされたり僧侶が投獄・殺害されたりした。
内モンゴル自治区において多くの幹部・一般人を弾圧、死に追いやった内モンゴル人民党事件が起こった。また旧貴族階級、指導階級を徹底的に殺戮。

彼らが許容している政府が他国、自国を問わず何か損害賠償したことがあるのか?
こんな賠償請求は中国独裁政府のプロパガンダに過ぎない。

請求は認められるだろうが、マテリアルもコークスも脱中、
すべての投資を引き揚げすべきだが、
どうしても居座りたいというならカントリーリスクと受け止め何億でも支払うがいい。






衆議院選挙違憲裁判 [裁判]

これまでの最高裁判例では、これまで定数については是正出来るのにしない場合は「違憲」
という考え方だった。
最初聞いた時は「?」と思ったが、裁判官の意見を読むと
要は、23年3月裁判から、1年9カ月では是正は不可能だったということが書かれている。

私個人としては違憲を宣言し、前回司法判断以降、国難にあり十分な審議が不可能であり、選挙有効、の
事情判決かな、と思っていたが、主文の宣言もなかった。

平成21年8月30日民主党は圧勝し、その時点で6年基準の2倍を超えており、かつ大勝利
のもとで、震災までの間、採決をしなかった民主党には大いに責任があると思う。
そういう意味では「是正」は可能だったがしないうちに解散した、ともいえる。
そこを自民党に突かれると、民主党はぐうの音も出ないだろう。
現政権にしてみれば、違憲であろうが何であろうが、21年選挙以降も、23年裁判以後の間も
民主党が政権を握っていたのだから、仮に無効解散になっっても政治責任は全部押し付けられる。
しかし「合理的期間内における是正がされなかったとはいえず」が理由の核心だから、次はない。
自民党はどうしても改正をしなくてはならないから苦しいのは間違いない。
安定政権下で放っておけば次は違憲無効とされるだろう。

それにしても、民法テレビの解説員が「司法が政治的判断をしたんだと思う。だから、政治は気を引き締めろ」なんて無責任で的外れなことを言っていた。
是正可能期間の問題 は前から論じられており、それについて判断しただけなのに司法の政治的判断だなんて、口はばったいことこの上なかった。
是正期間がおかしい、ていうならわかるけど。ああいう解説員しかいないのかねえ。

NHK2京都放送局 [裁判]

ちなみに受信料を大阪の約40%は払ってないらしい、とどこかで聞きました。間違ってたらごめんなさい。
だとすると300万人、一国の人口並みですな。ジャマイカやモンゴルより多い。

そのNHK大阪の管轄の京都支局は超一等地に新築ビルを建てて移転するそうだ。
土地だけでナン100億単位との噂だが・・・。

NHKなんて、正直街中に建てる必要はないよね。
広いスタジオ、機動力確保のために駐車場が必要で、よい電波状態がいるなら、
もっと平坦で広いところ、京都市内なら伏見とかね。
地下鉄沿線の駅上にでも建てれば、地下鉄関連の再開発にもなるしね。

受信料裁判起こすなら、そういうとこちゃんとしないとね。
国とか市の施設だったら、このご時世こんなとこには絶対建てられないよね。

主体は国じゃなくて、受信料は義務。利権なんでしょうね。知らんけど。


NHK高裁判決は異常? [裁判]

①契約成立に契約者の承諾は不要
②放送法で義務
③即時支払

この三点、法曹の方はどうお思いなのか。
①と②放送法の義務、つまり「法律上義務」づけられている受信行為がなぜ契約制なのか?
義務が契約制とはどういうことか?逆に言うと、「契約が義務」ってどういうことなのか?

・国民の義務だから負担しなさい。                                              これはわかります。税金と同じ。根拠法があれば従うのが正論だと思います。   
                
・契約が義務です。                                                       これかなりわかりません。私的自治の思想からいえば、契約が双方の合意のもとに行われるモノのはずです。私的自治でないなら、これは契約ではなく、実質義務で公法のことでしょう。                  ということは、元々の法律上「契約」制という根拠が間違っているのか、あるいは支払が私的自治の埒にあるなら、契約が義務というのがおかしいのかどちらか、でしょ?

・契約に承諾は要らない。                                                   これはもう破綻しています。                                                  放送法に義務であれ何であれ、「契約」と記されている以上、双方の合意のもとに行われるモノのはずです。確かに、利用者の公平性を考えれば(正義の味方としては)払わない奴が許せない(悪ものは許さない)ということなのでしょう。しかし、成文法があり、法律に「契約」と書かれている以上「承諾なき契約」を合法と裁判所がするのは行き過ぎです。私的自治もクソもありません。                                            
・即時支払
最高裁の判決何か要らないから支払え!
ということですよね。日本の裁判って高裁終審制なんて制度でしたっけ?
判決確定までに支払え、なんてことを高裁って言えるんですか?

裁判官は憲法と法律にのみ拘束されるというのに、私的自治は憲法に、契約は明記された法律に、即時払いは三審制に、すべて反していると感じるのは私だけですかな?
裁判官の独立も行きすぎです。

悪ものは許さん、と裁判所が言っているのは高裁だから別にいいんですけど、じゃあ、その考えに沿って、契約の主体であるNHKや立法府は何をしていたんでしょうか?                             NHKは立法を平穏に請願し、それに沿って国会で法律を変えればよかったんじゃないですか?契約形式をとっているのに、裁判で「契約に承諾不要」などという歴史上まれにみる不穏当な判決をNHKが招いたとなると大問題です。                                                  
集金人の問題もよく聞きますが、逆に「義務」と言うことになれば、国営放送の公権力の行使の一端になるので、不法侵入や、いい加減な説明は国家賠償の対象になるんでしょうね? 

承諾の要らない契約には説明義務なんて必要ないから、今後は不払い者に「通知制度」を導入し、応じなければ強制執行、これでいいんじゃないですか?
そして、当然に集金人当然は全員自主的に解雇で合理化を進める。だって、契約に承諾は要らないんだから、自分たちの労働契約には承諾は要りますからお金出せ、何て言わないでしょうね?

さっさと裁判所の見解に合致するように堂々と法を改正するよう国会に請願すればいい。
否決された時のリスクを考えてるのかもしれないけど、個別裁判でこそこそやらないでほしい。

それは危険運転だろ! [裁判]

運転免許証がなくても事故を起こしたことがないから運転技術は十分で、交通法規は学ぶ必要がない、
と裁判所が認めた画期的な判決になりました。
私たちは何のために免許を取得したのでしょう?
無免許運転を違法と考えていないことが運転の知識が不十分であることの証明ではないでしょうか。

法律をおかしたことがないから法律の知識は十分で、司法試験を受けなくても
弁護士としての資質は十分である。偽弁護士が法的な誤りによってクライアントに被害を
及ぼした場合は過失であるから偽弁護士を語ったこと自体で罪が重くなることはない。

医療ミスををおかしたことがないから医学の知識は十分で、医師の国家試験を受けなくても
医師としての技術は十分である。偽医師が引き起こした医療誤診による死亡事故は過失であるから
偽医師として治療を行ったことで罪が重くなることはない。

処方ミスををおかしたことがないから薬学の知識は十分で、薬剤師の国家試験を受けなくても
薬剤師としての技術は十分である。偽薬剤師が引き起こした薬害事件による死亡事故は過失であるから
偽薬剤師として処方を行ったことで罪が重くなることはない。

設計ミスををおかしたことがないから設計の知識は十分で、建築士の国家試験を受けなくても
建築士としての技術は十分である。偽建築士が引き起こした建物倒壊事件による死亡事故は過失であるから偽建築士として設計を行ったことで罪が重くなることはない。

もっと近いところへ行ってみよう。

お客を乗せて事故をおかしたことがないからタクシー運転手の技術は十分で、タクシー運転手としての試験を受けなくてもタクシー運転手としての技術は十分である。偽タクシー運転手が引き起こした交通死亡事故は過失であるから白タクとして営業を行ったことで罪が重くなることはない。

銃砲による誤発砲をしたことがないから銃砲の知識は十分で、銃砲の管理者として認められなくても
銃砲の取扱の技術は十分である。不許可者が引き起こした銃撃事件による死亡事故は過失である場合
不法所持自体で罪が重くなることはない。

「偽運転免許取得者」である。
法務省も警察庁も弁護士も検事も気付きませんでした、で済ます気なのか。
ニセ法曹家だったのか。



木嶋被告死刑 [裁判]

木嶋被告死刑判決。
私が裁判員なら迷うけど死刑にしたと思う。
状況証拠が揃い過ぎてるとこ、密接な関係、証拠品、裁判でのサイコパスぶり、
この辺りが決定事項になるだろう。
あるいは陪審にあたっては、さらなる嫌悪感をもって死刑を選択されたのかはわからない
昔シリアルママって映画があったけど、そんなもんじゃないなあ。

通常、暴力や犯罪を犯して心を痛めない人がいない、
と思われがちだけど、そんなことはない。
げらげら笑いながら暴力をふるいまくる人は世の中にいるし、
そこに生きている実感を感じる人もいるし、
単純に暴力に快感を得る人もいるし、
犯罪を勲章のように感じている人もあるし、
犯罪という意識もない人もいるし、
復讐を恐れない人もいるし、
どうにかなると思っている人もいる

以上の類型的な人々のいくつかの人が私の若い時分幾人か実際に見た。
ひょっとすると私も他人から見ればその一部だったのかもしれない。
多くは若気の至りなんだろうけど、一部は年をとっても出たり入ったりしてると聞く。
だから、更生の可能性が乏しい人がいる、ということを私は知っている。

平気なんだね。この人たちは。
たぶん木嶋被告は第一段階が済んだ、くらいにしか思ってないと思う。
心の深さじゃなくて、そういうもん、くらいだと思う。

ところで、彼女が2審で、「ひとりは殺ったけどあとは知らん」と言ったら
死刑は減刑されるのだろうか。
下半身が緩いから殺し屋になるとは言えないし、
男性裁判員がそれを根拠にしてたのならちょっと違うよなという気もするけど、
人数や金目的の後始末ということが認定されたら死刑は妥当だと思う。
死刑は復讐法だから私はやっぱり指示する。真実ならば、という条件付きではあるが。
仮釈放なしの懲役300年とかがあれば考えるでしょうが。

僕は子供の頃「12人の怒れる男たち」を見て以来、一ぺん陪審員をやってみたいと思ってきた。
お招きいただけないかな。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。