So-net無料ブログ作成

正解 [食]

ビーフストロガノフ、マカロン、クスクスの正解がいまいちわかりません。
どこでたべてもそれなりなのだが、これこそは・・・というのに出会えず、
また味がすべて違う。
どこへ行けばこれだ、とわかるのか、誰か教えてほしい。

京都烏丸御食事案内「OCT13」 [食]

烏丸姉小路を東に入って東洞院を少し北へ上がると黄色い看板が東側にある。
前回500円カレーの「カリカリ」を紹介したが、ここも500円でカレーが食べられる店。

はっきり言って旨いですよ。500円のレベルははるかに超えてます。
「カリカリ」とは若干趣が違って、王道カレーです。
どう言ったらわかってもらえるでしょうか。それが難しいくらい王道です。
うーん、昔レストランで食べた美味しいカレーとでも言いましょうか。
そのほかオムライスや定食もありますが、キレンジャーとしては基本500円のカレーを推します。
大盛りにするか、乗せモノを乗せるかは気分です。
普段は普通盛りでて感じ。まあ大盛りでも600円なので、気にすることもないですが、
毎日のことなので、抑えるとこ抑えて、てとこで。

500円の充実感は十分です。ファストや牛丼店で400円以上使うならこっちでしょう。間違いなく。

京都烏丸御食事案内「カリカリ」 [食]

烏丸御池の四つ角北側を東に数十メートル入ったところにちっさな看板が出ている。
上原ビル(だったと思う)の地下、の奥の方にひっそりとあるカレー屋さん。

食べログでは評点が低くて、さらにどうのこうのと書き殴られているけど、それは期待しすぎた人が
馬鹿舌自慢で書いているもの。まったく正しくないです。

落ち着いて「500円で食べられるカレーの水準」を考えれば十分のラインです。
引き合いに出して申し訳ないですがココ壱番屋(ココイチも私は愛しています)
の430円ポークカレーと比べれば内容の良さは70円の値段差をはるかに超えています。

フルーティで甘みの効いた辛さで、好みは別れるかもしれませんがよくできています。
バナナの香りが効いてて、食べログに書かれてるような中途半端な欧風カレーではありません。

セルフ式です。
セルフが嫌いで、お客様扱いじゃないと嫌な殿様や夢見がちなメルヘンおばさんには向いてないかもしれませんが、セルフうどんやキャッシュオンデリバリーのカウンターバーが気にならない普通の人なら全然気にならないと思いますよ。

店が殺風景だと食べログに書かれてますが、別にロマンスを語る店ではないし、昼飯の店だし、
安くておいしいものを食べに行くデートならこれはこれでありだと思います。

「食べログ」の馬鹿舌どもを気にしていては判断を誤るので気をつけましょう。(気にしてしまうんだけどね)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。