So-net無料ブログ作成

イモエネルギー [エネルギー]

こないだ、「たかじんのそこまで言って委員会」で紹介されていた
イモエネルギーに個人的には魅力を感じます。
ものすごく現実的です。

イモは厳しい高地や乾燥地に強いしから日本ならどこでもできる。
しかも食用じゃなく、一定までの生育でよい。形や等級もくそもない。
直接燃やせて、技術r的にもイモ焼酎でアルコールの醸成技術は証明済み。
新技術もいらない。国内に技術者はたくさんいる。
あとは、このエネルギーを使って電気他、エネルギー事業に参入できるか、
どうかにかかっている。

休耕田は利権が絡んだ「孫」太陽光発電よりも、自営農家に燃料作ってもらうのが
一番いいんじゃないかな。イモは生育が早いし。
耕地への愛情や農業に誇りも持てるだろうし。

農業が第2次、第3次産業以下に見下されることもなくなる。
エネルギー事業者であり、農業なくして何もなし、という方向に進める。
また、いざという時には大きく育てて食料への転換もできるし。

食糧安全保障+エネルギーの自給率アップも図れる。
人間、衣食住さえ何とかなれば何とかするもんだぜ。
人間なんて、所詮土くれから栄養を取り、土くれに帰るもんなんだからよ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。