So-net無料ブログ作成

東電の黒塗り、野球に例えると... [原発]

ずっと嘘だったんだぜ~

というわけで、テロ対策だの企業秘密だのと渋っていた
黒塗りのあれ、マニュアルが出てきましたね。

結局、事故対応マニュアルが穴だらけで、あの時点では出すに出せなかった、
というだけだったんだね。
想定外じゃなくて、想定能力に問題があったんだね。
東電の能力が国の「想定外」だったんだね。
あるいは「想定内」だったのに、管理する国の認可能力が「想定外」だったんだね。

一塁二塁間の打球、一塁追いつけず。二塁もはじかれポロリ。
遊撃手と右翼手が追っかけて、二塁とライトの間で、右翼手が遅まきながら追いついた。
さあ、セカンドベースが空家になっている。
その時、セカンドベースは誰がカバーする?という想定がなくて、
一塁手、二塁手がいるのだから、ライト前に抜けることはほとんどない。
さらに遊撃手、右翼手までいるんだから、距離的にランナーがセカンドに行くことはない。
サードが行くのか、ピッチャーが行くのかだって?ありえないことの練習の必要はなし!
もう十分!という思考。
結局、野球をしたことがない人たちが机上で野球の作戦を練ってた、ってことなんだね。
はじいたり、選手が蹴飛ばしたり、一二塁間に飛んだボールが
最終的にどこへ行く、という予測が100%当たる確率は0、てことがわかってなかったんだね。
だから誰かが追いかけなきゃ、その穴をどうやって埋めるのか、てことを考えるのにね。
野球なら、セカンドベース上でのエラーや悪送球のことを考えてレフトがスタンバイしてる。

「電源がなくなることはあり得ない」、ていうのは、
「ピッチャーも一塁手も二塁手も優秀なので、ライト前ヒットはありえません」という程度の想定。
国も、「あ、そうですね。ひょっとしたらライトはいらないかもしれませんが、念のため置いておきましょう。
これで十分ですね。」という程度にしか見えません。

おりしも別口の原発では防水壁を造って免れた、という事例がこのタイミングで出てきた。
どんだけつるんで隠してるのか。
千葉の放射能が出てきて、もう隠せない、とあきらめたのか。
いやいや、まだまだ闇は深そうだ。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。