So-net無料ブログ作成

為替介入は無駄 [経済]

75円ラインがやばくなったので為替介入に入った。
79円に反応が到るまでドルを買ったらしい。
「一方的」「投機的」な相場に対して「納得がいく」まで介入するらしい。

今回の円高の主因は欧米の景気減速感が原因。決して日本も好調ではないが
震災需要を「大底から脱する需要あり」と市場がと見ている状態だからであって、
それを投機的、というのはいかがなもんかと。納得とはいかがなもんかと。

「投機的」ならば、もっと円高が急速に進んでいたはずだし、
逆に76-77円程度でもみ合っている時点で利益確定がもっとされたはず。
市場は単に投機的な予想にもたれかかっているのではなく、
欧米経済の深刻さを受けとめている、深刻さに窮していると見た方が正しいと考える。

安直で少なくとも中期的効果の薄い介入は、規模によっては円高再燃で単に
資金の浪費となる。今回もそうなるでしょう。77円位のレンジには戻ってくるでしょう。

何千億も損するために使うなら、他にやることあるでしょう。財務大臣。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。