So-net無料ブログ作成

電機業界の沈没は恐慌の始まり [経済]

貧困。
それを悪用して、「お金をない時代」の状態を「造って」利用してる奴らがいる。
「おまえには150,000払ってたけど、隣のやつは149,900円でいいって言っている。
君はクビだ」と。クビになった人や給料が減った人は次の「隣のやつ」にならなくちゃ
生きていけないから、「隣のやつ」になる。日本の正社員、契約社員、派遣社員、
日本在住外国人、韓国、中国、アジア各国へと「隣のやつ」は移っていった。
アメリカ式、である。アメリカでは白人、有色人種、中南米....と移っていった。

それをマネしてきた電機業界は今真っ青になっている。
外国で負けた商品を内需に売り付けようにも、残っているのは一部の金持ちと
貧困層である。今日本で起こっている経済のクラッシュは
世界初のアメリカ型「西回りイナゴ型資本主義」の最後尾のモデルケースだ。

イナゴがいなくなって、収奪が終わったあとの田んぼである。
ある瞬間から収穫が途絶える。
種もみも収蔵もない。やってくるのは飢饉である。
現代経済の用語に直せば「恐慌」である。
残念ながら、「不況」という名の踊り場は終わったようだ。
御用経済学者は今まで何を言っていたのだろう?
金融業界やエコノミストは何を言ってきたのだろう?
彼らは「不用」なやからである。

日本は耐えられるのか?それとも一旦クラッシュしてやり直すのか。
僕は一旦クラッシュしてやり直すのも手だと思う。
もう一度貯金をしてから物を買う生活の復活である。
20世紀型の月賦販売に始まった松下経済は終わったのだ。
たくさん倒産会社の社長を見てきたが、
落ち着いてやりなおしている時の方が、貧しくても安堵感はある。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。