So-net無料ブログ作成

北朝鮮ミサイル問題 [政治]

オバマ大統領が韓国へ行くという。
ミサイル問題が顕著なこの時期に。
米軍視察と激励らしいが、本当はどうなのか。
軍へ行くのだから、もちろん在韓米軍首脳との会見がある。
有事に備えての確認の為だろうか。
心配である。

しかし、組織としては、最高司令官の姿として当然のことである。
「自分もここまでくる」という、司令官の背中を見せに来るのである。
自分も兵隊と同じところにいるという高揚である。

沖縄へ誤りに行くのさえためらう日本の首脳とは全く違う。
この緊張状態にあっても、総理も防衛大臣も未だに
基地をどこにするか、なんてことをどう答えるかに四苦八苦である。
自民党も、この非常時にあって相変わらずである。

はっきり申し上げて、基地問題はミサイルが通過するまで
何の意味もないのである。
沖縄を守るための迎撃ミサイルをどうするかを話し合っているのに、
何年も先の基地の場所を話し合っている暇はないのである。
インテリジェンスを最高に駆使して、1月後に飛んでくるものが
ミサイルなのか、本当にロケットだと確認できるのか、
迎撃するのか、黙殺できるものなのか、
ロケットだったとしても、科学力のない国のロケットなんだから、
墜落等の不測の事態にどうするのか、
ロケット型を装ったミサイルなのか、
どれもまだ決まってない。

抗議しておけば政治的にはOKなのだろうが、
着弾したら戦争である。
のんきに自民も民主も国会で遊んでいる場合ではない。
今は国防に重きを置くべき時期なのである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。