So-net無料ブログ作成

木嶋被告死刑 [裁判]

木嶋被告死刑判決。
私が裁判員なら迷うけど死刑にしたと思う。
状況証拠が揃い過ぎてるとこ、密接な関係、証拠品、裁判でのサイコパスぶり、
この辺りが決定事項になるだろう。
あるいは陪審にあたっては、さらなる嫌悪感をもって死刑を選択されたのかはわからない
昔シリアルママって映画があったけど、そんなもんじゃないなあ。

通常、暴力や犯罪を犯して心を痛めない人がいない、
と思われがちだけど、そんなことはない。
げらげら笑いながら暴力をふるいまくる人は世の中にいるし、
そこに生きている実感を感じる人もいるし、
単純に暴力に快感を得る人もいるし、
犯罪を勲章のように感じている人もあるし、
犯罪という意識もない人もいるし、
復讐を恐れない人もいるし、
どうにかなると思っている人もいる

以上の類型的な人々のいくつかの人が私の若い時分幾人か実際に見た。
ひょっとすると私も他人から見ればその一部だったのかもしれない。
多くは若気の至りなんだろうけど、一部は年をとっても出たり入ったりしてると聞く。
だから、更生の可能性が乏しい人がいる、ということを私は知っている。

平気なんだね。この人たちは。
たぶん木嶋被告は第一段階が済んだ、くらいにしか思ってないと思う。
心の深さじゃなくて、そういうもん、くらいだと思う。

ところで、彼女が2審で、「ひとりは殺ったけどあとは知らん」と言ったら
死刑は減刑されるのだろうか。
下半身が緩いから殺し屋になるとは言えないし、
男性裁判員がそれを根拠にしてたのならちょっと違うよなという気もするけど、
人数や金目的の後始末ということが認定されたら死刑は妥当だと思う。
死刑は復讐法だから私はやっぱり指示する。真実ならば、という条件付きではあるが。
仮釈放なしの懲役300年とかがあれば考えるでしょうが。

僕は子供の頃「12人の怒れる男たち」を見て以来、一ぺん陪審員をやってみたいと思ってきた。
お招きいただけないかな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。