So-net無料ブログ作成

原発停止 [原発]

北海道電力の泊原発3号機がついに停止。これで国内の原発50基すべてが停止した。
日本の原子力政策は大きな節目ではあるが、
原子力くずの廃棄については全くめどが立っていない。
推進派の連中はここを全く答えていない。

原発が止まれば、あの地下格納庫に捨てるしかないのである。
そして10万年間、当初の宣言通り、電力会社を管理会社として管理するのである。
つまり、電力会社は、本来過去の原発から得た利益の留保で管理を賄わなければならない。
これは未来10万年に対する支払、つまりは負債である。
負債に10万年分計上されないのは、今後の電気料金の利益で管理できるという計算に
ほかならない。ここには企業努力もなく、官僚も責任があるから必死で目をつむってるのである。

原発の日が消えた今、目を開き計算しなくては。
会社を存続させていいのか、
この電気料金の法律が正しいのか。
省エネ以前の問題だね。
ちなみに関西電力管内の我が家は昨年は前年比14%を達成したよ。
猛暑だとして、我が家が昨年比+7%増となったとしても
16-18%不足という数字はかなり押し戻せるよね。
この夏の不足分も計算しなおしてほしいね。
あと、古館は、あれほど原発政策を攻撃してても
背広を脱がないのはなぜだ?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。