So-net無料ブログ作成

キングコング梶原氏の件~TBSの低能ぶり [TV]

例の年金問題。
キンコン梶原の件。
私は年金も税金も支払っている側なので生活保護は縮小すべし、だと思うし
彼を特に擁護したいファン心理はないのだが、TBS、ならびにマスコミのインタビュアーの
あまりの偏向・低能ぶりを見て驚いたので書きます。

TBSでは次のような「市民感覚の紹介」という印象のインタビューを採用している。
「40万円ものローンを家族が払える人が生活保護を受けるなんて。
40万円ものローンを払えるなら、母親にあげればいいのに」
というものを切り取っている。30代女性であろうか。
世間知らずな発言なのか、インタビュアーが意図的に情報を与えてないかである。
東京でインタビューして「40万円毎月返済するマンション!」といえば
そうなるのかもしれない。
前段、説明との連関は無視である。

梶原氏は、
「母親と祖母の住居として提供した。その短期のローンの返済が40万円ほどあった」
「2000万円台のマンションである。」
と言っている。
前提としてこれが真実であるとしての話になるのだが。

大阪、関西圏の方は2000万円クラスのマンションがどの程度のものか
は想像がつく。
ファミリーが住むためとしては贅沢ではない。普通である。
コメンテーターはマンションなんて贅沢品だ!と声を荒げていたけど、
そこまで言うほど贅沢ではない。年金生活者が住んでいてもおかしくない。
年金生活者も私たちが養っているのだ。

具体性を持たせる為に、某大手銀行のローンシミュレーションでの計算を見てほしい。
彼の「短期ローン」という話から推測で仮に計算すれば
2500万円借入、 2%、5年の期間で返済すると
毎月44万円弱となる。

一般の会社員が、2500万円を借りて、30年ローン、金利2.0%、ボーナス返済なし
で返した場合、毎月の返済額は9.2万円である。30%をボーナスで返済すると
毎月は6.5万円である。

家賃10万円そこそこのファミリー向けマンションは、贅沢だろうか?
むしろ、それなりの節度のある援助ではないか。
少なくとも豪邸を地元に建てて錦を飾るほどではなさそうだ。

彼には親族の金銭問題があり、援助している、と語っている。
2番の抵当がついているのであろう。
マンションを担保に借入れをしていると言っている。
当初のローンの抵当権に2番が貼りついているとすると
金融機関の担保価値は0だろう。
「トラブル」の内容次第では根抵当権をつけられているかもしれない。
金融機関から商売上の資金を借入れる場合、根抵当権が多い。
問題発生前の同等の担保を求められれば根抵当権である可能性が強い。
そのようなものが付いている居住用のマンション物件に担保価値を見出すのは
金融機関ではなく「金融屋」だけである。
バランスシート上、流動資産はあるが、根抵当権が付いている以上資産価値は
実質帳簿以下という状態と見られる。

芸人は自由業とみなされる。収入の継続性は認めない。
ローンの目的は生活費である。
担保価値はない。
銀行や信用金庫は絶対に手を出さない話である。
「自分の財布から出さはったらどうでっか。わたしらの仕事とちゃいますわ」
と言われて終わりである。
公金を使わず借金してでも面倒を見ろ、という人は
サラ金で借りてでも自分の親の面倒を見ているだろうか?

彼には家族もあるし、子供も育てている。3人目も生まれるらしい。
大阪の保護基準を詳しく知っているわけではないが、
親族とはいえ、借入があり、扶養家族があり、別世帯である。
おそらく節税対策もしているので、収入と所得は乖離しているだろう。
それは税法上正しければ罰せられない。
保護の基準を満たしていたとすれば、彼にそれ程の非があるとは思えない。

マスコミが行うべきは基準の厳格化を求める方向であるはずだ。
何年か前に生活保護受給者の「クーラーは贅沢品」ということを徹底的に
非人道的と叩き、孤独死が起こるたびにケースワーカーや相談員の後手
を叩くのに、そこはスルーしているのである。
加えて言うなら、マスコミが節税を叩いたり、税理士を悪徳としたところを見たことがない。
他でもない、合法的にスポンサーや出演者がやってることだからだ。

「芸人=公人」という図式を認めるにしても、その本人以外の親族の生活まで
やっかみ半分でほじくり返し話題にするテレビのお上意識と低能ぶりには怒りを覚える。
今朝のTBSのスタジオで語るMC,コメンテーターとも資産価値やローンの実態、
家族構成など基礎知識をいれずに「40万円の返済」を焦点にしゃべっている。
インタビュアーは誘導的で、映像の編集は意図的である。「偏向」そのものだ。
彼ら一人一人は一体いくらの家に住み、家賃を払っているのか。

さて、あれほど「社会問題」としていたマインドコントロール女占い師はどうなったのか?
ネタがなくなったからと言って「公人のまわりの人」にまで手を突っ込むなど言語道断。

その人の善悪は別にして、ビリー・バルジャーの立場について読者の方は
是非知った上でこの「吊るし上げ」と「個人」と「親族」の問題を考えてほしい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。