So-net無料ブログ作成

ハウトゥ本では命は救えない [事件]

大津の自殺事件。
ハウトゥ本、マニュアル化の弊害である。

トラブル対策、ここまでやればOK,という類だ。

前にも書いたが
「形式的に一応やりました」
「ここまでやれば弁護士のレクチャーではいいと言っていた」
「参考書にこう書いてあった」
という処理が横行しているので、
企業は絶対謝らないし、
公務員は形式を重んじるのである。

市や企業でなく、個人にも責任の所在を求めるべき。
今回のは職務怠慢ではなく故意の証拠隠滅である。実刑も適用するべきでしょう。
法律に懲役の付いている行為はどんどん刑法で裁くべきだと思う。
なんのための法律でしょう。最近は抑止にもなってやしない。

新しい判例、裁判員制度でどんどん作ろう。
新しい世代の為に。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。