So-net無料ブログ作成

不法在留外国人座り込み [常識]

私は排外主義でもないし、むしろ就労条件のあう外国があるなら
そこに住み働いてみたいとさえ考えているので、日本で働き、暮らせる外国人が
通常に住んでいただくことに全く異議はない。
むしろ、嫌日運動をしながらずっと日本にいる人より見識も広いものと考えている。

しかし、不法在留となると事情が違う。
ニュースによると反不法在留を旗に掲げて座り込みをして抗議しているらしい。
中国なら即逮捕、アメリカでも不法移民は重罪との認識である。
法律なのだから仕方がない。
査証を取った際の条件に書かれているし、他所の国はどうだこうだ
というのはおカドちがいだ。
韓国では麻薬は死刑で、姦通罪は禁固刑だ。
他国民には理解しがたいほどの重刑が課されるというのはよくあることだ。
不法在留である以上、一旦お国に帰り、再入国を目指す、というのは当然だ。
不法行為歴で再入国できなくなるのは日本だけではないし、ああやって
座り込みが出来るということはみている限り、人権上重大な暴行や拘束があるとは思えない。
公務員は法に従い動くのが当然であり、彼らが悪いというわけでもない。

敢えて言うなら、不法移民の皆さんとその家族の見識のなさと法律意識が原因であろう。
長年暮らし、地域に溶け込んでいる、というコメントが当人たちからあったらしいが、
不法歴が長く、法律を無視し続けていることを意味するし、地域に溶け込み、
税金を払っていれば犯罪を免れると言うなら私は何をやっても逮捕されないということになる。
家族の学校が、とか生活が、とかいうんだけれども、わかってたことであって、
何とかなるわ、と思っていた人が開き直るのも気に入らないし、法律に合わせて暮らすのが普通だろう。
個別事情の為に法律をネジ曲げたり法改正するほどの事案ではない、というのが感想だ。
強いて言うなら、査証も確認せず雇った側に甘い日本にも問題がある。
日本は企業にすごく甘い社会だ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。