So-net無料ブログ作成

橋下批判を分解しよう [政治]

・慰安婦      
昔はどこにでもあった。韓国にもあったし、戦地の売春を利用することも多い。ともに女性の人権に対していいことではないが、あったものはあった。
「1960年代まで黒人差別があった。奴隷ではないが、厳しい状況、実質的差別法、蔑みにさらされた」
というのと
「1960年代まで黒人差別があった。厳しい状況、実質的差別法、蔑みにさらされた奴隷であった」
というのは事実が全く違う。
私は戦後生まれで戦地も見ていないから強制連行の有無は語る資格がないが、朝鮮半島に「人身売買仲介業」「あっせん業」が現地住民の生業として存在し、仲介者がいたという。30万人規模を誘拐、拉致、監禁で集めるのは難しい。戦況からも兵力を投入する余裕があったとは思えない。もし裁判員として判断するなら被害者の提訴の内容に疑問を呈するだろう。

・米軍のレイプ事件
存在している。
風俗を利用して減らせ、という橋下氏の発言は公人としての暴言性はある。
レイプ事件が起こるたびに外出禁止や軍規の引き締めがある割にはなくならない。
まあ、50000人規模の駐留者がいる、と考えれば50000人規模の日本の小都市で強姦事件やわいせつ事件が1件も起こっていないかというとそんなことはないから、特に兵隊に強姦性向が強いわけでもないんだろうけど、起こっているのは事実。あるかないかだけで言えば、橋下氏の発言は間違いではない。

・性風俗・売春について
公人としては失言である。それと「風俗売春への国民的感情の無理解」というのも違うと思う。
「売春に対する見方」じゃなく自国兵の自尊心を傷つけたことへの怒りだ。
そこをわびるべきだったのではないか。
「レイプするくらいなら日本人は売春宿へでも行け」とアメリカのどこかの市長に言われれば文句の一つも言うだろう。アメリカの報道官コメントやアメリカ人記者がつっこむのを聴いてて「アメリカってそんなに清廉潔白な国だったっけ?」と失笑するほどだが、「風俗へでも行け」と言われればカチンとくる。
アメリカにはストリートガールいればストリップもある。路上薬品販売業には市場がある。彼らもそこまでクリーンな国だとは思ってない。

というわけで、裏も表もある話ばかりでこの話を引っ張る価値はない。
歴史的事実は割と正しくて、感想と発言が公人として不適切で、アメリカ人を起こらせたということだけだ。
この問題で彼の首を取りたい人は是非市長選、国政選挙で彼以上の人物を出して倒してほしい。
出せるもんならの話だけど。
言っとくけど「あいつは女を安く見てる!」とかいうだけの左翼女性議員では勝てないよ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。