So-net無料ブログ作成

金融株はあかん [生活]

国がわけのわからない法律を作って消費税対策セールを禁止しているが、
消費税が上がる前ならいいだろう、というわけで金融業界が住宅ローンの
バーゲンセールを始めている。

しかも、日銀の政策資金0.1%で仕入れた金が元手だというからシニカルこの上ない。

住宅が駆け込み需要が起こる

住宅のバーゲンが起こる

消費税が上がる

住宅需要は落ち込む

とまあ、こういう筋書きの中で消費税前に先にセールを始めたのである。
これは消費税バーゲンセールではないのか?

もうひとつ言うと、建設業に銀行が金を貸すのは消費税まで、と言っているようなものだ。
今の時点で消費税が上がると需要は落ち込むと見込んでいるのであるから
消費税が上がるまでに売れる建設資金は貸すが、その後は貸さない、と言っているようなものだ。
どこの金貸しが売れない商品に運転資金を貸すだろう?
将来建設業に貸す運転資金を消費税までに住宅購入者にセールで貸そう、ということだ。
しかも日銀の政策資金で。

さらに言うと、消費税以降は金融業界もお先真っ暗だと思っているということだ。

貸す→長期にわたる利子→利益になる

という構図のはずであるが、
実質短期貸出なので、日銀の政策資金が終わった3年後には壮絶な争奪戦が起こる。
利用者の金利が上昇するか、銀行の金利を無理やり削るか、日銀に政策継続を強いるか、
どれになっても日本にいい影響はない。

住宅建設にはすべての業者が関わるので影響は莫大だ。
住宅ついでに車まで買い買える人が世の中にはたくさんいる。
駆け込みバーゲンで住宅を買ったひとの一部は、その後の不況で不良債権になる。
どこまで行っても良くないのである。

一番いいのは住宅を売るだけ売って、消費税と同時に会社を解散することかもしれない。
これが成長戦略なのか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。