So-net無料ブログ作成

日本野球機構に見る日本型経営 [事件]

日本で企業なり団体で不祥事が起こるとまあ、大体こんな感じの見解がなされますね。
いつまでたっても質が低いというか、結局こういう人たちが牛耳っている社会というのに
不信を抱くっつうか、呆れてるというか。
前も言いましたが、日本が浮上しない原因というのはこういう体質にある、ということがまたまた
証明されてしまいました。

ルールを変える。

利害関係者がたくさんいる。

ルールを変える内容を知っているのは最初一部。

利害関係者には伝えない。

ばれる。

トップが知りませんでしたという。

上の「ルールを変える」を「違法行為発生」とか「事故発生」「事件発生」
と変えれば大体のことがこういう始末をしているということが分かるでしょう。

コミッショナーがが知りませんでした、はないだろう?
ということは、コミッショナーのサインを誰かが不正に使用して、
コミッショナーがサインを印刷すべきではないものを業者に作らせていた、ということになる。
保険証書や、預金証書は1枚1枚サインされているわけではないが、
自分の会社のレギュレーションに基づいて発行されたものだ、責任は持つ、
という意味を持っているよね。
コミッショナーが「本件私には責任なし」といったということは、
署名の不正使用をしたやつがいるっていうこと。
つまり、社長のハンコを勝手に使って業者に発注した奴がいた。
そういうことだね。
団体としては、それによって利害関係者が損害を食らった場合は署名物が「表見」であっても
責任があるから善意の第三者に対抗できない。つまり、昨シーズンのルールに基づいて球団が
投資させられた費用や選手が失った出来高分なんかは賠償する可能性だって出てくるはず。
ところが、トップは不祥事ではないといっている。
前の基準外のボールを改善した、と言っているけど、じゃあ、去年出来高払が受けられなかった
バッターに支払う責任はないのか?ということになる。基準以下のボールも
コミッショナー署名モデルであるのに。

今年はホームラン去年の1.5倍くらいになりそうだ。ということはホームランがでる
オッズが変わるということだ。敬遠すべきところを勝負して一発行かれた選手が可哀そう。
完投しても毎試合ソロホームラン1発で増えれば防御率は1点上がる。
バッターは何割引きだ、と言われそう。
球団は出来高に割増割引と大混乱だ。
この秋はもう、オオモメ必至だ。
その時もコミッショナーは知らん、と言い続けるのか?

トラキチとしては快走する阪神電車にバンバンザイなのだが、そういえば新井よく打つよな、
福留のここ一発がよく出てたよな、とベテラン勢の活躍を色眼鏡で見てしまう。
ホームランは劇的だからある程度見せてほしい方なのだが、ルールを変えたら変えました、ていう。
それだけのことだったのにね。

それにしてもその中で藤波、菊池といった若手の新星投手が出てくるというのは
素晴らしいことだ。彼らは何割増しの活躍にするのか、球団にはよく考えてほしい。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。