So-net無料ブログ作成

中国の領土主張を認める?

どう考えても官僚が適当に収めようとしているとしか思えないこの見識。
「領土問題ではなく外交問題」
怪しからんことこの上ない。
しかも「政府提案」である。

では、こういうことだ。
「沖縄は中国の土地だ」「領土問題ではなく外交問題です」
「北海道は中国の土地だ」「領土問題ではなく外交問題です」
「XX湖周辺の水源は中国人が所有しているから中国の土地だ」「領土問題ではなく外交問題です」

どのように発表しようが勝手というわけだ。
中国人は、ゴミを捨てるな、仕事中はしゃべるな、歩道は道いっぱいになってあるくな
と規則を書かないとできない国である。このような提案はまったく読み替えられる可能性がある。

「満州は日本の土地だ」「領土問題ではなく外交問題です」
と中国がいうか?
「尖閣は日本の土地だ」「領土問題ではなく外交問題です。中国は自国のモノだと主張していますから
日本に主権はありません」
と言い返されるのが落ちだ。
だれがこのような売国行為を決めたのか責任者を出してほしい。
政府だ、というなら私は反政府主義者で結構。
自公には投票しない。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。