So-net無料ブログ作成

東京電力管理職社員に1人10万円配る [東電]

東京電力は、福島第一原子力発電所の事故後、発電、賠償といった事業の要となる管理職の退職が相次ぎ、これに歯止めをかけるため、管理職およそ5000人に一時金として10万円を支給することを決めた。
つまり、大赤字の企業が社員に退職慰留の為に100,000円支払った、ということ。
100,000x5000=500,000,000
ですよ。5億もの金を5000人にばらまける余力がある。
5億の金は被災者や賠償に廻ることはなく、
さらに言うなら人件費だから、これ料金に乗っかってきます。
これって許せる?
潰れかけの会社が、料金に乗せちゃえばいいから、って社員に5億円配るんですよ。
管理職だから、結構貰ってる人に。
怒らないと!
選挙に行こう!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。