So-net無料ブログ作成

汚染水タンク [原発]

ボルト式汚染水タンクは地盤沈下で耐久性劣化が生じる。
という素晴らしい報道が今日新聞に載っていた。

地盤が沈むとボルトが緩むことがわかっていなかった。

地盤が沈むことを考えていなかった

地盤の沈降は計算されていなかった

保管する地盤の調査はされなかった

タンクの強度は不明のまま汚染水の管理に使った

とまあ、素人目に見ても穴だらけでしょう、ということがよくわかる。
チェルノブイリの石棺とどちらが安全なのか、と問いたくなる。
多少日本の方が技術が上だったとしても五十歩百歩だ。
石棺同様放射能は漏れているし、その後のことも何も決まっていないのだから。

これが世界最高水準の技術を集約した放射能の管理「水準」である。
まあ、原子力ムラの技術のレベルというのは他の参入を許さないことにより
劣化したか、あるいは危機管理能力がなくなったのか、どちらかだ。
汚染水の管理はおこらない、汚染水が外に出ることなどありえない
という前提によりなんの発想もされなかったということだ。

立派な技術である。これを輸出して日本を亡国にするつもりなのはだれだ?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。