So-net無料ブログ作成

シリア [海外]

アメリカ参戦予定。ですよね、いまのところ。
国連決議は不要、英国は化学兵器の使用があれば、ということらしい。

今のところ米英仏が積極的。
ところでなぜ彼らの大義はなんだろう?
化学兵器を使って住民を殺害した、人権侵害・・・そういうことだろうか。
それにしても他国を爆撃するには足りない気がする。
中国は気にせず資源開発に投資しているし、
ロシアは古くから友好国の立場であるjから反対する。

シリアは食糧供給や原油産出でそこそこ豊かに暮らせる国である。勿論平和なら、ではあるが。
米英がその豊かさを国民に供給する、というのは一見正論だが、
湾岸、イラクと続く戦争での失態を見るにつけ、本当に爆撃すれば平和な民主国家が
出来るのか、という疑問が激しく湧く。
では、アサドの独裁で彼らは助かるのか、というと全くそうではない。

独裁、民主主義、共産主義。
世界で富を得ているのは、アラブの金持独裁国家や、中国共産主義、資源マフィア強国ロシアだ。
民主主義国家の経済は疲弊し続けている。何が正しくて何が間違っているのかわからない時代だ。
もはや正義というものが存在しない世界。
悪魔の支配、とでもいおうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。