So-net無料ブログ作成

猪瀬知事の給与返還申出 [政治]

彼の話の中でこれが一番まずい発言だな、と思いました。

彼は、
「知事選挙に落ちたら、給与がなくなって事務所維持や生活費が調達出来ないと考えた」
と語っていましたよね。

彼は給料がなって、たちまち生活と事務所維持に不足する金を5000万円と計算して借り入れた、
と言っています。

知事の月給は確か150万くらい、ボーナスは通年700万くらいだから年収2500-3000万円でしょう。

知事選に敗れていた場合は知事選落選後でも十分評論家、コメンテーター、著述家としてやっていけた
でしょう。しかもフルタイムで出来たことです。副知事の給与を下回ったでしょうか?

それらを考慮しつつも、彼が語った金額が妥当だったとして、知事給与を返還するとなると債権者は
驚天動地です。事務所経費から2000万円のキャッシュが消えてしまうからです。

給料は当選後1年で3000万円ですから、既に2000万円が不足しているはずです。
知事を続けながら、給料返上、賞与受取の場合、現在不足額2000万円に
来年の必要経費5000万円を足して賞与1000万円を引いても1年後の不足額は6000万円となるのです。

「全部が全部資金不足になるわけないじゃん、色々入ってくるんだろ」
とお考えになるかもしれませんが、知事が、選挙前に、失職した場合個人の懐として不足しそうな金額と
して計算した「資金不足額」だから、副収入を含めて年間不足額が5000万円、なのです。
副収入を生活費に計上しない人なんているでしょうか?

「一時的な運転資金だ」
という話ならなお深刻です。
運転資金は入ってくるものがあってはじめて減る、あるいは消えて行くのですから、年間
2000万円のお金が停まれば一大事です。知事の給与があっても2000万円の資金不足
なのですから、それと同額のキャッシュが入らなくなるのです。
給与債務、対外債務の資金源が2000万円停まるのですから。

「長期の運転資金だったとしたら5年で割ったら大したことないじゃないか」
と言われるかもしれませんが、選挙後の事務所維持費と生活費と言明していますよね。
長期の運転資金なら急いで返すことはありません。理由は5000万キャッシュが
なくなると資金不足になって大変だからです。

「選挙で持ち出しが少なかったから返せたんだろ」
ということになるとさらに問題ですよね?
選挙の為に借り入れた意図があった可能性が出てきます。

猪瀬知事のおっしゃることが妥当な数字で、真実であったと仮定するなら
私が債権者だったら、すぐ支払の交渉に動いて、当面のお取引は断るでしょうね。
資金不足見込みとして公表した数字と、売上減少2000万を比べて、さらに
手持ちのキャッシュから支払に5000万円回ちゃったんですからね。心配しますよね。
真実でないなら取引継続・・・といいたいとこですが、真実でなかったら、収入源である本人が
失職し、疑獄事件で起訴されそうな状況では残念ながらお断り、とせざるを得ないでしょうな。

給与がないと事務所が維持できないから返還しません!でないとつじつま合わないもん。
違いますかね?
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。