So-net無料ブログ作成

プチぼったくり [安全]

プチぼったくり。
テレビでも条例がどうなった、としきりにやっている。

最近はやりの街頭キャッチを駆使した居酒屋商法である。
店は居抜きで使えるし、2階3階でも客を誘導できる。
しょうもない料理と安酒でも入ってしまえば大体はそこそこ食べて出る。

商売、経営のノウハウとしては短期的に正しい。
店舗改装、初期費用を抑える。
固定人件費を安く抑え、インセンティブを与え、成果に見合った給与を支払う。
立地の悪さをアイデアで解決する。
料理の原価を抑え、顧客単価は維持する。損益分岐点を低くし、利益を上げる。
ある程度の利益を確保し、マーケットや需要が悪くなると撤退し、次の商売に投資する。
条例が出来ればさっさと退散する。

銀行マンが貸出先に言いそうなことばかりである。
初期投資がでかいと金は貸してもらえないし、赤字の会社には人件費を削って成果主義にしろと言ってくる。
仕入先を見直せ、「高付加価値」で価格を維持せよ。
以前はよかったけど、今は赤字続きの店舗は整理して業態を変えたらどうか、と言ってくる。
条例が変わったら、違法なとこに金は出せん、返してくれ、と来るのである。

プチぼったはちょっとした経営本やコンサルが言いそうなことを集約した商売である。
決してまともな商売とは思えないが、現代経営ではある。
そんな店に行きたくはないけど、大手飲食チェーンでも酷いとこは酷い。

いくら高級なウイスキーでも、冷静に減価だけをいえば、シングルでこの値段はないだろう、
と思うようなホテルはいくらでもある。
スーパーで仕入れをしていても、美味しくて流行っている店はいくらでもある。

安いものを高く売る。
商売はすべてもともとそういうものだ。
テレビがおおげさにとやかく言うことではない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。