So-net無料ブログ作成

国会水掛け論 [政治]

今国会の代表質問を見ていると悲しくなる。
水掛け論のオンパレードだ。
籾井発言、中韓関係、対外軍事強化、TPP。

籾井発言は政治・国家の問題ではないし、どうでもいいことだ。

中韓との関係の悪化は、領土侵略については向こうが仕掛けていることなのに
それについては言わないで、対話できない安倍批判の材料に使う。
対話できないのは確かに問題だが、その原因について議論が浅い。
領土侵略、相手国の拒否について、民主党はひとこともない。

対外軍事力強化でも同じことだ。共産党は9条金言説のオンパレードだ。
1人の戦死者も出していないのは確かだし、戦争を賞賛するわけではないが、金を出して代理で戦争してもらったことはたくさんあったので9条さえあれば、とも思わないし偉そうにはできない。大体9条は共産党の敵国である米国が作った占領政策そのものなのだ。反戦=9条ではなく、敗戦国の軍備解除=9条であり、敗戦国の権利を奪うために戦争により生みだされたのであるから、「9条」は戦争が敗戦国を緊縛しているものにほかならない。平和憲法を定めるのは大いに結構だが、9条9条とただのお題目である。そもそも50年前のイデオロギーを掲げる政党が「革新」とは恥ずかしい。

自民に問題があっても、それを上回る野党力がこれまた全くないのだ。
もううんざりして、スイッチを切った。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。