So-net無料ブログ作成

納税詐欺 [政治]

消費税未納者はなぜもっと取り締まれないのか?
私たちは必ず消費税がレジに出てくれば払っている。
その業者が消費税非課税者であろうが、なんであろうが、だ。

消費税滞納額は4000億もある。

滞納と言えば聞こえがいいが、「消費税だから」と取られた、
もっといえば、「収めたはずの消費税」が業者のポケットに入ったという計算だ。

4000億を1.25億で割ると1人3200円、家族4人で12800円の納税詐欺にあっているわけだ。
払えなかろうが、倒産しようが、従業員の給与に回していようが、消費税を運転資金に
流用したことには変わらない。
財務省にある納税済みの現金を盗んだり、横領したりするのと何か違いがあるだろうか?
消費税滞納は懲役刑にも劣らない。

さらに言えば、売上を過小申告している業者をいれれば、一体エンドユーザーの被害はいくらなのだろう?
税務署は徴税の限界を消費税に加算しているとしか思えない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。