So-net無料ブログ作成

IPCC安心情報   こういう新聞やめろ! [エコ]

某Y新聞より抜粋
地球温暖化の影響を評価するIPCC」第2作業部会の最新報告書の原案が明らかになった。
温暖化の影響で世界全体の穀物生産量は今後10年ごとに最大2%ずつ減少。
経済損失の総額は、海面上昇による土地の消失や観光への影響を含めて最大に見積もった場合今世紀末までに年間148兆円と予測している。損失額は日本政府の来年度一般会計予算案(95兆円)を上回る。

穀物生産量=平均的に最大年間0.2%減 2013年世界生産量      2443百万トン 
                           2100年最大減少時生産量  2053百万トン
                                              391百万トン減
2053百万トン÷70億人=293kg  293kg÷365=802g
最悪のシナリオでは生産量は391百万トン減るが、70億人で分ければ1日802g分 
の生産は可能。100億人としても560gあるという安心情報。

経済損失=148兆円=不動産の消失+観光+その他

穀物生産量と148兆円は全く別の数字。
経済損失の根拠は不明。

大きな数字が並んでいるが、問題点は「生産」の数字より「分配」や「浪費」に問題があるとか、
国連はアメリカ、中国といった大量消費国には何も言わないとか、である。
経済損失は不明朗会計である。

ついでに新聞社の国家予算との比較は何の意味もなく、発表を煽っているだけである。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。