So-net無料ブログ作成

震災から3年 [原発]

震災から3年がたった。
私のような下郎からは「被災地の皆さん、3年間、お疲れ様です」としか声のかけようがない。

一般の復興はまだまだこれからというところである。
とはいえ、日々鎚音が聞こえ、時間はかかるかもしれないが、新たなものが出来ていくことによって
立ち直っていくのは間違いない。個人的には辛い思いをする人が多いだろうが、何とか進むしかない。
そして、間違いなく進む。

翻って、破壊された原発については、全く進んでいない。全く進まない。今後も進まないだろう。
安倍首相はコントロール下にあると言い切ったが、まったくの嘘である。
状況は民主政権下でも同じだったとは思うが、嘘はよくない。

マスコミも、現場も、会社も、国会も自分の生きているうちに無毒化されると信じている人は
1人もいないが、被災者の心情を考え、未だに「1日も早く」という言葉で言葉を締めくくるしかない。

瓦礫の捨て場所、廃棄物の処理場、進捗0%。
地下水に放射能混入、海への流出。発生直後はなかったことだから、
進捗はマイナスとしか言いようがない。
海産物の一部からあれが出た、これが出たと言っている。
あの日以上に安全になってない。進捗はマイナスだ。

いろんな人が挑戦し、戦っているのは知っているが、状況はマイナスだ。
津波に流されただけの街は、鎚音とともに日々復活している。
しかし原発は全く進まない。
やっぱりそもそもあることがおかしかったのだ。
「原子力は危険だ。」
私の言葉を消せるのは放射能を無毒化し、全く安全なものに変えられた時だけだ。
そう簡単に訪れない未来の話だ。

どんな言い訳も自分が死ぬまで受け入れられないというのは残念だ。
人間には限界があるということを知らされた3.11だった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。