So-net無料ブログ作成

70年前の話 [裁判]

戦時中に強制連行され、過酷な労働を強いられたとして、中国人元労働者と遺族ら約20人が24日、日本政府と、三菱マテリアル、日本コークスの2社に1人当たり180万元(3000万円)の損害賠償などを求めた。

文化大革命中、各地で大虐殺が行われ、犠牲者の数は1000万人以上ともいわれる。
マルクス主義に基づき、教会、寺院、宗教的文化財が破壊された。
チベットでは特に、仏像が溶かされたり僧侶が投獄・殺害されたりした。
内モンゴル自治区において多くの幹部・一般人を弾圧、死に追いやった内モンゴル人民党事件が起こった。また旧貴族階級、指導階級を徹底的に殺戮。

彼らが許容している政府が他国、自国を問わず何か損害賠償したことがあるのか?
こんな賠償請求は中国独裁政府のプロパガンダに過ぎない。

請求は認められるだろうが、マテリアルもコークスも脱中、
すべての投資を引き揚げすべきだが、
どうしても居座りたいというならカントリーリスクと受け止め何億でも支払うがいい。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。