So-net無料ブログ作成

ならず者国家中国をなんとかしよう [海外]

中国企業がベトナムで襲われている。
あの女性スポークスマンがこう言っていた。
「暴動の被害はベトナム政府に弁償させる」
と。

反日暴動で中国は何か謝意を表しただろうか?
何か弁償的行為をしただろうか?

もうひとつ言えば、ベトナム政府の責任ということは、
ベトナムが国家的責任を果たさない場合は・・・
というニュアンスも含んでいる。

第二次中越戦争をにおわせている。
しかし、南沙諸島他領土を中越の大戦で確定するということは、
領土を主張する他国を無視し決するということだから、中国とその他の国が連合して対峙
してもおかしくはない。アメリカはフィリピンと近く、さらに中国の拡大を嫌っているわけで
当然に支援する。
そこでおこるのは中越戦争ではなく中亜戦争だ。
そうなると徹底的に中国を黙らせないと戦争は終わらない。

速い話、アジアの国々は戦後それぞれの経緯でここまで来た。ベトナムのように
苦しい歴史を背負う国もあれば、イスラムと自由を融合させて発展した国もある。
結果として、それぞれがばらばらだ。だからこそ東アジアは領土紛争などが少なく
推移してきた。
ところが、中国はないものをあると言い、あるものをないという。
相手のことはお構いなしで滅茶苦茶だ。

ベトナムはなかなかにクレバーだ。
中国は海洋で漁船団に他国を脅かせ、国家の関与をごまかしている。
尖閣の事件がそうだ。
そのロジックで行けば、ベトナムでの市民の攻撃は国家の関与のない攻撃だ。
中国がなんといおうと放っておけばいい。
アジア全体でそのような動きが出てくるかもしれない。

米中、つまり旧連合国に勝ったことがあるしたたかなベトナム戦術に期待したい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。