So-net無料ブログ作成

芸能人と覚せい剤 [エンタテイメント]

日本では国内の芸能人のドラッグに非常に厳しい。それはそれでうっとおしい。

しかし、それ以上にうっとおしいのは、創作のプレッシャーから手を出した、とか、やめられなかった、
という芸能人のいいわけだ。
ドラッグから抜けられないのは弱いからではない。
中毒性があるからだ。効き目を愛しているか、忘れられないか、あるいは求めているからだ。
外国のミュージシャンなんかが、「好きだからやってる」と平然と言う。
それはたぶん本当だし、その方が信じられる。

昔々スタックしていた人がいた。今はすっかりクリーンだと風の噂できくのだが。
ありとあらゆるものを売り払い、金を借り、あらゆる形で金を調達していた。
気の毒だ思ったのと同時に恐かった。誰もが離れて行った。
何故なら、いざとなったら、彼らはアレの為ならお構いなしだからだ。
切羽詰まれば嘘をつこうが、盗もうが、とにかく金を準備する。
そういう時は元々いい人とか全く関係ない。
借金中毒と麻薬中毒は症状が似ている。

だから相方は離れて行ったのだろう。私はその気持ちがわかる。
アレの為に何か焦っていたり、金の為に言い訳を次々と考えたり、
やらないものからすれば気持ち悪いだけで、目にするのも嫌だが、本人は大まじめだ。
元々いい人かどうかは関係ない。

だから、仕事のストレスから、とかプレッシャーとか、関係ないのだ。
そんなものは表面的な中毒者のいいわけに過ぎない。
ストレスやプレッシャーは心療内科で緩和してもらえる。
本人は大まじめに演じているつもりだが、それは嘘っぱちで、ただやりたかった、
抑えられなくなった、というだけなのだ。
悲劇の主人公など演じたり、人生を語ったりせず
「楽しむためにやってた。もう止めたけど」と振り返って言えるようになるまでしっかり抜くか、
軽いものだけにするのか、
お仲間と今後もどっぷり楽しむかは本人しか決められない。

抜いたほうがいいと思いますよ、ほんとに。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。