So-net無料ブログ作成

慰安婦報道、朝日新聞陥落 [メディア]

このような訂正記事を、いや、虚偽報道のお詫び記事を載せなければいけないほどの
でっち上げ、作り話新聞だったことにいまさらながら驚愕を隠せない。
これまでもいろいろあったし、左翼的ではあったけれども、ここまで引っ張りに引っ張って、
嘘でしたとは恐れ入る。
嘘っぱちだろーなと思ってても読者は反証ができないから。

あのね、「誇大報道」「偏向報道」だったとしてもさ、
取材して、ほんとにそういった人が一人でもいればさ、
取材の結果なわけ。誤認報道、報道という言葉がつくわけ。

ところが、全部嘘っぱちでした、とか、最初からストーリーがあって証言を拾っていくというのは
作り話であって、報道じゃないわけ。
某国のトップは天気まで変えられる!とかというのと同じわけよ。
夕立が上がりそうな時に空に向かってハアアアアアとか叫ぶようなもんでさ。

そんなのいくらでも書けるわけ。俺でもこんなだったらすげえだろうな、程度で書ける。
記者だから全世界に回るだけで、中身は夢物語だからさ。
こういうことが平気で出来る新聞が恐ろしいのは、何でも書けるわけだから。
総統はいかに素晴らしい人だったとか、原爆雲は美しい、民主主義をもたらした、とか、
中国共産党は真の民主主義で、平和のためにアジアを駆逐してるとか、
原子力は完全に安全です、とか、鋼鉄の処女でしぼりとった血液はほんとに若返る、とか。
でたらめでもなんでも、全国、全世界に権威をもってばらまけるわけなんだよ。

廃刊でもおかしくない。かつて、写真週刊誌が追い込まれたように。
どころか、国家反逆罪でぶち込んでもいい。嘘のプロバガンダを会社あげて行ったわけだから、
これまで国家がつぎ込んだ予算をすべて請求してもおかしくない。

損害賠償を国民が求めて何が悪い?
報道の自由を逆手に一儲けしたやつらに鉄槌が下ってもなんらおかしくない。
報道が摘発を食らわないことを前提にやった、特権的意識に基づいた大悪事。
おそらく日本報道事件史で最大最悪の事件だ。
右翼とか、左翼とか、関係ない問題。
タグ:朝日新聞
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。