So-net無料ブログ作成

クラブ摘発反対 [生活]

何とつまらない世の中にしようとしているのか。
深夜のクラブを強制閉店させようとしている。
実にくだらない。
不良の温床、ドラッグの温床だという。
不良は昼までも不良だし、ドラッグのいる奴は昼までも買いに行く。

クラブは音楽やダンスのほかカルチャーの苗代である。
深夜の営業など放っておけばいいのだ。
音楽やダンスを楽しみたくても、調理やバーテンダーや飲食業に
従事している為に9時10時に行けない人はいっぱいいるのだ。
その人たちの権利を奪う気だろうか。

カルチャーの視点から言えば、クラブに出演するバンドのことを考えてない。
終電があるような時間は集客力のあるバンドに充てられる。
駆け出しのバンドは早い時間か夜中だ。つまり、出られる場所を奪うことになる。
突然変異こそが新しいカルチャーだ。最初から客の集まるバンドなんてない。
フライヤーを配り、こつこつと客を集めてからブレイクする。
噂が噂を呼び人が集まるというのに、火のないところに煙は立たず、多様性は衰える。
人気バンドがどこから現れるのか、知っているのか?

夜中だからこそできるイベントもある。
終電の関係ない地元の客相手に行われるイベントもある。
この時間ならいいよ、という企画だ。
集客を義務付けられず、企画の費用も安くすむ。
ありきたりの形にとらわれない新しいショウが出来るのだ。

最後はどうなるかというと、クソみたいなバンドの専門学校から出てきた
プロデュースされたカルチャーしか残らない。
クールジャパンとか言ってるわりにはカルチャーの出所をわかってない。
韓流みたいに、マーケティングによって売りだされるカルチャーは全くカルチャー
ではない。あれは商品にすぎない。

フェスに出ているようなバンドが最初からアリーナや10000人の前でプレイしたり
誰かがプロデュースしたから出てこれたとでも思っているのか?
今年の夏フェスのラインナップを見れば、ドラゴンアッシュやメタリカなんて名前が出てくる。
彼らがいい時間、いい場所、抜群の集客力で最初からプレイしていたとでも思っているのだろうか?

昼間やゴールデンタイムに行われたショウでドラッグやダンスが行われたらそれまで潰す気なのか?
心あるバンドにはハードコアマチネの日本版を全国規模で行って是非対抗してほしい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。