So-net無料ブログ作成

ゴーヤを見ると環境への取り組みがわかる [経済]

先日、ある会社の前を通りかかった際のこと。
ある会社がが地球環境に取り組む!と言う主旨を高らかに掲示していた。
スーパークールビズだのエコへの協力のお願いなど、これでもかと言わんばかり。

プランターが入口の前にすらりと並べられており、いかにも取り組んでます、と言いたげなのだが、
これが見かけ倒し。

この時期になって未だひょろひょろのゴーヤが一本ずつ支柱にからみついている状態。
高さもとぼしく、摘心もしていないから全く茎も広がってない。
水もあまりあげられていないらしく、葉っぱにも勢いがなく小さい。
店長始め社員は「まあ、いいでしょ」くらいのつもりなんだろうが、ポスターとのギャップに
この会社の環境への取り組みはその程度なんだろうなあ、と思った。

環境環境といっても「商品のラインアップに置いとかないと」
くらいのもので別に本気じゃない、ていうのが見え見え。
ということは、その会社が推している商品には大して本気の力が入っていない
ということなのかもなあ、と株価を見てみたらリーマンショック後程度の水準だった。

環境ビジネスってほんとに未来があるのかね。
こういうポーザーばっかなんじゃないかな。
ということは本気でやればぶっちぎりできる市場、ともいえるね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。