So-net無料ブログ作成

電気料金値上げは原発稼働圧力だ [原発]

料金体系が利益がいつか必ず出る仕組みになっているので
電気料金はいくら上げてもいいのである。
10%ずつ上げて行けば1.1x1.1x1.1x1.1・・・で7年目で約2倍になる。
工場長がこれでは利益が出ません、という。
社長が原発動くようにしてください、と議員に袖の下を渡す。
ほれみたことか、と電力会社が議員に恩を返せ、という。

電力労組は議員にわしらを殺す気か、という。
価格規制がある限りつぶれないけど給料が上がらないメガ企業群の労組
に子飼いの民主党は稼働に回る。

電気規制は規制は残りアベノミクスの限界を知らされた市場が株を売る。

the end

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

麻生失言 [政治]

別に麻生氏が知識としてナチの全権委任によるワイマール憲法の死文化のように
現憲法を死文化して新憲法を掲げればいい、とするものなのか、
その状況を引用しただけのものなのか、ナチズムが政治的志向なのか、まあ、それはいいとして、
政治家として、元首相、現役副首相して、それを言うとくそみそに叩かれる、叩かれるとまずい、
という思考がないことが残念なことだ。

発言の害毒度は「鳩山尖閣発言」より軽いが、「世界的な取り上げられ度」
では旧三国同盟国の元首相がナチを新憲法に関する発言として引用した方が重い。

選挙のあとで調子に乗ったのか、安心しきっているのか。
改憲の足かせに100%なる。
共産党が黙ってるわけがない。
ナチと関係なくても、政権政党による現憲法の死文化、などということはどのような国でも
表現がはばかられる。国によっては「民衆蜂起」の権利が書かれているのだから、
憲法封殺が何を意味するか、である。
日本の憲法はやはり言葉足らずで主張のないものだから、改憲はすべてに反対ではないが、
麻生さんの一言がむしろ完全に足を引っ張ってしまう。
やってくれたね。
タグ:麻生 ナチ 改憲
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。