So-net無料ブログ作成

カローラハイブリッドの意義。トヨタを褒める。 [車]

デザインは何の凝ったところもないし、
全く奇をてらう気がないんだろうけれども、非常に意義の高い車だと思う。
まずはHVのスタンダード化が完成したこと。
カローラのレイアウトを使えばなんだって出来てしまうところ。
これがでかい。

ワゴンもセダンも基本レイアウトが出来たということは、コンフォート以降
なかったタクシー専用車が作れる。
カローラのフロントデザインとリアさえデザインを変えればもう十分立派なものである。
ワゴン車も重要。空港やホテルと行ったユーザーに対応できる。

ノーズとリアを伸ばしてクラシックなデザインの車作るとか、
2ドアのかっこいい車とか、土台があれば何でもできる。

とても地味な車で売れなかったりするんだろうけれども、
日本車の歴史にとってHVとガソリン車のスタンダードの歴史が変わる瞬間だと思う。
AT→MTくらいの標準変更のインパクトだ。
トヨタのCMはだっさいけど、こういう地道なとこはすごいと思う。
なぜもっと宣伝しないのだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

FIT3について [車]

フロント、リアのデザインはいいと思います。
ドアからリアにかけてのキャラクターラインは必要だったのかなあ。
あれ以外はいいんじゃないですかね。

吊り目の旧トヨタ風デザインからも脱却したし、ぱっと見てホンダ車だとわかる。
ホンダデザインの車が整ってきたというか。

もう「HVだから、HV風の」という時代じゃないし、当たり前にエンジンルームにおさまってる時代。
どんどんデザインに振ったらいいと思う。
アコードHVはホンダの世界へ向けた答えだったと思うし、今回もそう。
トヨタはカローラまでHV化したから、もう日本車のスタンダードエンジンになったんじゃないかな。
むしろ、「え、ガソリン車なの?」みたいなね。
むかしむかし、マニュアル車からオートマ車に主流が変わったみたいに変わって行くでしょう。
今回のFITとカローラでHV黎明期は完結ですな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。