So-net無料ブログ作成

汚染水について [原発]

汚染水問題。
結局今もどこからわいているのかわかっていない。
東京電力はずっと手を打った、防止計画を開始している、
と言い続けてきたが、今も汚染水は全く止まることを知らない。

東京電力は、2年経って初めてアメリカの漏えい放射性汚染水の探知装置と
除去システムの見学に行ったらしい。
肩書きのある人が、非常に参考になるとか、何とか、社会見学の感想文みたいに語っていたが、
今までそういう事例があるにもかかわらず、彼らは今まで採用するどころか、学ぶことも
検討することもなく「自分力」にこだわってきたということである。

汚染水が出れば、結局人が見に行かないと何にもできない、難しい、と彼らは
足りない頭を捻ってばかりだが、結局事故復旧の作業が出来ない構造は
設計の問題であり、事故が起こったらだれも触れなくなるという問題は
もはや扱ってはいけないものだということを意味する。

ところが、日本の原子力技術は最高だと言っている。
何度も言ってきたが、世界で一番進んだ日本の技術でも
手に負えないのが原子力である。
捨てる場所もなく、直すことどころか、検査もできない機械である。
つまり、理屈通りに造って、理屈どおりに動いていることが前提になっているのである。
理屈どおりに動かなくなった場合、手も足も出ないのである。
修理不能、取換不能、処分不能な内燃機関など、市場に出回ることはない。

電気料金がどうの、産業構造がどうの、と言っている人は自らあのボートが通ったコース
をたどってまずは水を止めてほしい。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。