So-net無料ブログ作成

政界再編ぐだぐだ [政治]

みんなは元民主の浅尾氏が看板になり、自民との距離が何となく遠くなったが、
それはそれで存在感が薄くなり、もともと渡辺商店なので、浅尾商店になりようがない。

江田ー石原会談では石原氏から「護憲政党」について厳しい問いかけがあり、
結いの党は維新にハナから突き放されてしまった。

民主は民主でいまだ口だけな感じで、おまけに小沢接近論まで出てきた日にゃ
終わった感も倍増である。

その他の左翼政党はもはや泡沫政党でしかない。

何を再編するのか、何をやりたいのか、
自民が強くなるわけだよ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ゴルバチョフ、訴追するってよ [政治]

ロシアの共産主義者の亡霊が動き回っている。
ゴルバチョフを反逆罪で訴える!と共産党議員が言ったらしい。
ウクライナに関しての反欧米主義に乗じた作戦だと思うが、あまりに稚拙でくだらない、
と思いつつ、かたやウクライナで勃興するファシズムとロシア・コミュニズムの復活が
ちらちらして恐ろしい。

ロシアが強権性を引こうとすれば、その正当性の証としてコミュニズムを引用する方が
都合がよいならプーチンは利用するかもしれない。
コミュニズムは否定して、アメリカを黙らせ、混乱の統治のためという大義でロシアの実質独裁政治
の復活を行えば、文句を言えるものはいないだろう。
拒否権国の中国が独裁政治と経済運営を行っている以上ロシアが文句を言われる筋合いは
ないからだ。共産主義ではないよ、制度は残すよ、僕は選ばれたんだよ、国益に従ってるだけだよ、
と囁かれれば民主主義の上に成り立つわけだ。
クリミアが独立したのか、併合されたのかは置いておいて、住民の意思が反映されたという言い訳が
世界に通用するという実験がなされたとするならば、ロシアが選挙を形式的に行い、国民支持の上に
独裁政治をを敷けば、民主主義のもと独裁が認められることになってしまう。
実際プーチンは国益に反することなく、強いリーダーシップを持っていて、彼に全国民が従わずとも
抗する勢力などいないから、結局プーチンが選ばれることになる・・・。
とすれば、ヒトラー政権が、その強権ぶりを批判されながらも選挙で勝ちとった政権交代と同じ構図
が現れることになる。

ゴルバチョフは改革派であったが共産主義維持を大義にしていたのだから反ソ連とは言えないはずだが、
国家反逆という題目が市民を震え上がらせることは間違いないだろう。
つまり、共産主義者までがプーチンの後押しをすることになる。
ある種の大政翼賛状態である。非常に危険な状態だ。



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。