So-net無料ブログ作成

ランエボ生産終了へ [車]

すっかり不振の中三菱がランエボ生産終了。
ものすごい化け物マシーンなのに、カテゴリーにおさまる為に
デザインを犠牲にするなんて、なんと日本車らしいと言えば日本車らしい。

それにしても、世界中で評価され、あのデザインのアカンさにも関わらず
オタクがいっぱい(いや、あのデザインだからこそオタク車たりえたのかも)
いる化け物。
レースの為に、ランエボはエボで残して、レース以外用にかっこいい車を作ればいいのに
それはやらない。かたくな、というより馬鹿の域。

三菱っていい車、かっこいい車を作って儲けることを拒否しているの?
あんなぶっ飛んだ車、いいデザインの2シータに収めりゃ日本以外で売れるだろうに。
なんだってあんな鎧兜みたいなデザインにこだわるんだろう。

オタクたちの「ランエボはこうでなけりゃ」なんていう言葉を真に受けて、
進化しなかった典型だよ。
BMWは2002のコンセプトを守りながらあんなに進化してるし、ラリー車だって
ランチャストラトスみたいなあり方だって出来たのにね。
セダンは好きだけど寸詰まりでゴテゴテのデザインは酷い。

結局「見た目はこんなですが、4ドアで、後部座席があって、スーパーカー並みに速くて、安い。驚きの車」
日本車の伝統的、かつ代表的評価。
あんな車に後部座席なんかいらないし、あんな車に4ドアいらないし。税制も保険料も関係ないやつ
が乗る車なんだから。かっこよくしてもう5000ドル乗せた方が生き残れたんじゃないかね。

日本車の象徴。日本車の反省の象徴。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。