So-net無料ブログ作成

小保方、再調査拒否 [科学分野]

理研は再調査打ち切りへ。
まあ、企業としては当然と言えば当然というか、の対応だ。
慰謝料払っても大したことないから、追い出してしまえばいい。

小保方とて、理研に不手際やら疑惑があったところで、
会社の名前を出して発表する論文ネタをミスであれ何であれ、
発表してしまったわけだから、懲戒か否かは別にしていずれ去らざるを得ない。
これ以上道連れを増やす前に世間的にはなかったことにした方がいいだろう、
そんなチョイスを感じる。

しかしね、今回の件は特許がらみやらがあって、おいそれとは片付かない。
オボ弁護団も最強弁護士っぽいし。
理研としてはおそらく絵が描けたからゴーになったんだろう。
手打ち方向じゃないかね。
小保方、左遷、自主退職という。

ただ、特許の問題があるとはいえ、社内の特許だから会社はかなり守られた状況で
握ってるんだろう。論文取り消し方針は出てるけど特許取り消し方針はでてこない。
つまりは、美味しいとこだけいただいちゃおうということだろう。
彼らはこういうはずだ。
「法的には問題ございません」
そう、そのとおり。

ただ、そういうことばっかやってるから日本の技術流出、モラルハザードが続いているということ
を彼らは忘れている。
大したものを生みだしたこともないのに自分はたいそうな技術者で、
モラルを法的責任で片づけるから法の網にかからないものはドンドン出て行く。
もうそろそろ気付くべきだと思う。自分が悪しき前例となる当事者だということを。

アメリカ式に企業の責任について一時的にでも会社が吹っ飛ぶようなやり方を認めて行かないと
モラルハザードは深刻になるだろう。
アメリカの裁判はとかく批判が強いが、あのおかげでかなり改善されたはずだ。
個人の権利と企業の権利、企業の責任、企業犯罪の重罪化など、
表面的でも具体的に裁判が批判したから今のアメリカがある。
日本はもみ消し専門だから表面的にはなっていなくても、
ずっとくすぶり続けている。

あかんで、これでは。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。