So-net無料ブログ作成
エンタテイメント ブログトップ
- | 次の10件

WBC参加へ [エンタテイメント]

とりあえず、エンターテイメントが1つ残ったことについてはよかったんじゃないかな。
でも実際は日本の真昼間にやってるし、結果がわかってる試合ほど面白くないもんはないからなあ。

今回のWBCサイドの対応を見てるといかにもアメリカ式というか、
プロモーターがすべてを握り、舞台で踊らせる、というモノなんだなあという感じ。
ワールドカップとは全然違うということがわかったし、
日本の選手会はわかっていなかった、ということがわかった、という感じ。

今回の騒動を見てて、純粋にまるで「夏の甲子園」的にやってたのは
日本だけだったのかな、という気がする。
アメリカは主力選手は出てこないし、台湾や韓国も
大してスポンサー料を出してないし。
キューバは共産主義だし、他の国はプロリーグがなかったり、
貧困国だったり。
純粋にイチローが決勝のセンター前ヒットを打って感動してたんだけど、
一方では米国外の選手の見本市であり、中米やら台湾・韓国の選手にとったら
展示会だったりする要素の方が強かったりするのかもしれない。

ん、待てよ?
よくよく考えてみれば朝日新聞と高野連が出場校に何かを配分もするわけでもないし、
選手も勝ちたいという思いもあるだろうけど、本気で飯を野球で食おうとしてるやつらにとったら
展示会でもある。なんたって何千万円の契約金やら、ただで大学には入れたりとか、
ドラフトの展示会だったり、入社試験だったりするわけだから。

あんまり夏の甲子園とWBCにそれほど変わりはないのか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

みのもんた、気丈。 [エンタテイメント]

みのさんの奥さんが亡くなった。
別にみのさんのファンじゃないし、もちろん底意地まで知ってるわけじゃないけど、
みのさんのプロ意識は大したものだと思った。
生テレビにも出る。
インタビューに応じる。
自分が普段は「する側」だからだろうか。
一つ一つ、インタビュアーのつまらない質問にも応じる。
あんな状況にあっても、自分もするから、された時も応じる。
プロとしての覚悟のあり方を感じる。

奥さんの点数同様100点の対応だった。
政治家やら官僚にも見習ってほしいものだ。
もちろん私もだけど。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ドコモのCM [エンタテイメント]

ドコモのCMで、
新入社員なのに、いやいや会社に行く、ミスはする、5月の時点で早くも寝坊して遅刻する。
そんな女子社員を描いているんだけど、吐き気がするね。

別に、だらしない、ならだらしない、私は馬鹿よ、そんなに真剣じゃないのよっていうなら
スチャラカ社員でそれはそれで働き方だからいいんだけど、
「いやいや、私はがんばってるのよ、明日はあるわ」
みたいな、正当化というか、美談みたいな描き方。

はっきり言って時代錯誤だし、
そういうことを良しとするのが”ゆとり世代”なのかな、って思う。
どうしようもない人なのに、自分を優秀だと信じて、正当化して、殻だけは分厚くてね。
こういうのをOKとして、「できるOL」「テレビみたいなOL」を演じてる馬鹿も実際多いしね。
世も末だよ。あんな新入女子社員がいたら、先輩女子の総スカンを食うよね。

綾瀬はるかのCMで、タクシーに乗って泣きながら帰っていくOL
とかもあったけど「どこの高給取りやねん、電車にのらんかい」て思ってしもた。

最近の「OL根性もの」のコマーシャルを見てるとほんと、あほちゃう?
て思う。元大手メーカーの女性も同じこと言ってたよ。
広告屋のセンス疑うよね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

SPACE BATTLESHIP ヤマト をテレビで観た。ネタバレ注意 [エンタテイメント]

いやあ、すごかった。
キムタクの台詞は何言ってっかわかんないくらい聴き取りづらいし、
セットは「レッドドワーフ号」並みで、
ストーリーも設定も、ご都合主義で、何もかもみんなが知ってるから許される、ってこと前提で進んでいくし。
なんで退役軍人が重要任務の攻撃班長に突然なるのかとか、
放射能の除去をするイスカンダル星の「なにか」もどうやって持って帰ったのか、
敵も味方もはっきりとした設定がわからないし、
恋に落ちる理由も感情も描けてないし、
(あるとしたらメイサが美人でキムタクが目を付けたってことくらいかなあ)
大事件の最中に避妊なしでやってるし。

お涙頂戴シーンは、これがまた泣けない。
どんでん返しもなんじゃそら、で。
実質10人くらいの密室ドラマで、スペースファンタジーにもなってない。

戦闘シーンは何をやってるの?て感じでよくわからないし、
波動砲は重要場面ではほとんど活躍せず、
ワープ、ワープで逃げ回ってるし。
上陸車両はダンプカー並みで、「爆裂都市」のスターリンのトラック並み。

実質10人くらいの密室ドラマで、スペースファンタジーにもなってない。

なるほど、こけた理由がよくわかりました。そこがよかったところ。

ヤマトを子供のころに見てたものでも郷愁もわかず、
キムタクの何を言ってるのかわからない、不機嫌そうな顔のテレビコマーシャルを延々
見せられてる感じ。
一応見ておかないといけない高齢アニメおたくの方以外に興味はわかんだろうな。
映画館でみなくてよかった。

私、アンチジャニーズではありませんよ。
ジャニーズの新年コンサートは酒の肴にぴったりだし、
亀梨くんのべムは大好きだし、
ジャニーズのコンサートで障害者の人が行けるように、
とか、親子で行きやすいようにとか、エンターテイメントの工夫は
大いに評価してます。

でもこの映画は、今のところ世界3大なんじゃこりゃ、ですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
- | 次の10件 エンタテイメント ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。